ホーム > 技法解説 > 安全工学 > R-Map

R-Map とは

R-Map(Risk-Map)とは、横軸を危害の大きさ、縦軸を発生頻度とする座標に、現存するリスクをマッピングすることで、各リスクの重要度を評価する手法で、それによって各リスクに対する対処方法を判断します。 頻度が高く危害が大きいものは、もちろん最優先で頻度を下げるかダメージを減少させる必要があり、両者とも小さい場合は発生を許容するのが得策です。 頻度が高く危害が小さいものと、頻度が低く危害が大きいものの優先度設定が難しいところです。特に頻度が100年に1度と想定されるなど、まだ一度も発生していない場合は、今1回だけ発生したらなどと仮定する必要があります。


R-Mapの解説記事一覧

R-Mapの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


R-Mapの専門家

氏名 会社名
田口 宏之 田口技術士事務所 中小製造業の製品設計の仕組み作りをお手伝いします…
遠山 純夫 遠山コンサルオフィス ものづくり企業の経営・技術課題をワンストップで解…
越水 重臣 産業技術大学院大学 品質工学とTRIZを実践的に教える稀有な大学院教…

R-Mapで解決できる課題

2件中 12件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
1 生産 設備可働率を上げたい
1 生産 事故の再発を防止したい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら