ホーム > 技法解説 > 戦略/マーケティング > アンゾフの成長ベクトル

アンゾフの成長ベクトル とは

アンゾフの成長ベクトルとは、事業を成長させるに、当たり市場軸と技術軸を既存と新規に分割して4象限とした時、(1)既存市場の既存技術=市場深耕、(2)既存市場の新規技術=新技術開発、(3)新規市場に既存技術=市場開拓、(4)新規市場に新規技術=多角化と分類する考え方で、1960年代に活躍した米国の経営学者I.アンゾフが、それぞれにおける類型的な戦略を論じました。 (1)が最も低リスクですが、成長の大きさは限定的です。一方の(4)は大きな成長が魅力的なものの、既存事業との関連が低い場合はシナジー効果が得られず、統計的にはほとんど成功例がないと言われます。 自社の強みとのシナジーを考慮しながら、




アンゾフの成長ベクトルの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

アンゾフの成長ベクトルの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


アンゾフの成長ベクトルの専門家

氏名 会社名
大串 隆史 三現主義経営事務所 成功のカギは「現地・現物・現実」です!三つの「現…
谷萩 祐之 谷萩ビジネスコンサルティング グローバルビジネスの経営戦略策定から現場に密着し…
岩島 光太郎 株式会社デイプロット 異分野技術を組み合わせて、付加価値新商品で稼げる…
藤瀬 高志 (企業内技術士) 基礎研究から商品化まで一直線の開発。 目指す市場…

アンゾフの成長ベクトルで解決できる課題

7件中 17件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 複数の案から最適なものを選択したい
1 企画 企画構想の変更を防止したい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 市場品質 顧客満足度を向上させたい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。

オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス