ホーム > 技法解説 > TRIZ/USIT > SLP

SLP とは

TRIZのSLPとは、新しい技術発想が必要なのにどうしても従来発想から抜け出せない時に、賢い小人たち(Smart Little People=SLP)だったらどうするだろうと考える、言わば工学的擬人法です。 例えば防水型の接着を考えると、まず小人たちが水を避けるために「傘をさす」「合羽を着る」「水を汲み出す、吸い出す」「長靴をはく」などと想起し、これを現実の問題に当てはめて技術的アイデアに転換します。 TRIZから発展したUSITにおいても、パーティクル法として同様の発想が使われています。


SLPの解説記事一覧

SLPの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


SLPの専門家

氏名 会社名
粕谷 茂 ぷろえんじにあ 「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のた…
三原 祐治 株式会社創造性工学研究所 技術開発/課題解決のための最も強力なTRIZとそ…
片桐 朝彦 株式会社アイデア 従来品の20%アップを目指すなら、今までのやり方…
中川 徹 大阪学院大学 日本におけるTRIZ/USITの開拓者、創造的問…

SLPで解決できる課題

15件中 115件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
3 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
3 設計・開発 効果的な特許を創出したい
1 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 生産 開発した技術特性を安定化したい
1 生産 突発品質不良を早く解決したい
1 生産 慢性品質不良を解決したい
1 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 生産 低価格部品で代替したい
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら