ホーム > 技法解説 > TRIZ/USIT > 9画面法

9画面法 とは

TRIZの9画面法とは、3×3=9つのセルを用意し、現状の該当技術/製品を中心に、取り巻く環境/システムを上、要素技術を下、過去を左、将来を右に配置する事で、技術/製品を時間、空間で整理する方法です。 これを使う事で、目前にある問題にとらわれることなく、広い視野で革新的なアイデアを発想する事が可能となります。 技術課題だけでなく、商品企画やマネジメント分野まで広く応用できるツールです。


9画面法の解説記事一覧

9画面法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


9画面法の専門家

氏名 会社名
粕谷 茂 ぷろえんじにあ 「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のた…
三原 祐治 株式会社創造性工学研究所 技術開発/課題解決のための最も強力なTRIZとそ…
片桐 朝彦 株式会社アイデア 従来品の20%アップを目指すなら、今までのやり方…
中川 徹 大阪学院大学 日本におけるTRIZ/USITの開拓者、創造的問…
澤口 学 早稲田大学理工学術院 TRIZ/VEを駆使した技術経営・イノベーション…

9画面法で解決できる課題

11件中 111件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
3 設計・開発 効果的な特許を創出したい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 企画 社内で開発した技術から製品を企画したい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら