「感性工学」とは

感性工学は、人間の感性という主観的で論理的に説明しにくい反応を、科学的手法で分析し、活用することを探求する技術分野です。 人間は脳の右側で感じ取り、左脳で論理的に思考します。 感性はこの右脳の機能ですから、いつ、なぜ、どのように感じるかは論理がないとも言えますが、ユーザーが製品を購入する判断には感性が多分に関わるため、製品企画への感性工学適用が重要となり、次第に普及してきました。 感性を物理特性に落とし込むには、コンセプトを段階的に分解したり、大勢の感性データを統計的に解析したり、AIでパターンを認識させるなどの方法があり、今後も発達していくとみられます。

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介

 


「感性工学」のキーワード解説記事

もっと見る
新たな時代の「ものづくり」(前編)従来と異なる分野で事業化する

 企業は自社が持っている技術を常に見直し、新たな商品開発を行う必要があります。企業の商品開発活動では、従来自分たちが戦ってきた分野だけでなく、異なる分野で...

 企業は自社が持っている技術を常に見直し、新たな商品開発を行う必要があります。企業の商品開発活動では、従来自分たちが戦ってきた分野だけでなく、異なる分野で...