「官能検査」とは

官能検査とは、検査員の感覚(視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚)を使って対象物を検査・評価することであり、官能評価、官能試験とも呼ばれることもあります。 計量、計数できる検査・評価方法に比べて、検査員の主観や体調にも左右されるため、安定的に検査・評価する独自の仕組みが必要です。

「品質マネジメント」工場監査・工程監査を解説した記事

「品質マネジメント」APQPを解説した記事

「品質マネジメント」シックスシグマを解説した記事

「品質マネジメント」経営品質を解説した記事

「品質マネジメント」特殊工程の4M変動への対応方法を解説した記事

「品質マネジメント」についてのセミナー一覧


「官能検査」のキーワード解説記事

もっと見る
官能検査の基礎(その4)検査の要点まとめ

  3、官能検査の要点まとめ  官能検査は人間の感覚に頼って検査を行うため、留意すべき点があります。特に、個人ごとに評価基準に対する考え...

  3、官能検査の要点まとめ  官能検査は人間の感覚に頼って検査を行うため、留意すべき点があります。特に、個人ごとに評価基準に対する考え...


官能検査の基礎(その3)官能検査の種類

  2、官能検査の種類 ~ 試験、パネル、分析  前回のその3に続いて解説します。 2.2 官能検査 分析型パネルと嗜好型パネル  ...

  2、官能検査の種類 ~ 試験、パネル、分析  前回のその3に続いて解説します。 2.2 官能検査 分析型パネルと嗜好型パネル  ...


信頼性の高い官能検査とは:官能検査の基礎(その2)

     官能評価は食品・衣料・化粧品から自動車・情報機器・ロボットまであらゆる商品開発の現場で使われる必須のツールです。しかし、...

     官能評価は食品・衣料・化粧品から自動車・情報機器・ロボットまであらゆる商品開発の現場で使われる必須のツールです。しかし、...