「安全規格」とは

ここでの安全規格とは、一般消費者・大衆を危険から守ることを目的とする安全基準をさしています。代表的なものとして、電気用品安全法があり、一般消費者を感電・火災等から守ることを目的としています。また化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)は、化学物質汚染による人や動植物への危害を防ぐことを目的としています。

◆関連解説記事『リスクアセスメント(その1)リスクアセスメントの必要性』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介

 


「安全規格」のキーワード解説記事

もっと見る
機能安全とは?機能安全の基本的な考え方

  機能安全は工場事故対策など現場の安全性確保が始まりで、ハードウェアに的を絞って作られてきたものです。ハードウェアの故障は確率的に予測す...

  機能安全は工場事故対策など現場の安全性確保が始まりで、ハードウェアに的を絞って作られてきたものです。ハードウェアの故障は確率的に予測す...


安全規格と電気用品安全法

1.電気用品の安全性とは  ネットショッピングなどで、「この製品は、安全規格適合品です!」「この製品は、安全認証取得品です!」といった宣伝文句で安全、安...

1.電気用品の安全性とは  ネットショッピングなどで、「この製品は、安全規格適合品です!」「この製品は、安全認証取得品です!」といった宣伝文句で安全、安...


恐怖の電安法

1.電安法とは  電安法とは正式には電気用品安全法という法律を略してこう呼ばれます。近年、大手スーパーやホームセンター等の小売店によるプライベートブラン...

1.電安法とは  電安法とは正式には電気用品安全法という法律を略してこう呼ばれます。近年、大手スーパーやホームセンター等の小売店によるプライベートブラン...