「QC工程表(QC工程図)」とは

QC工程表(QC工程図)とは

QC工程表とは、ある製品が生産工程を通して出荷されるまでの各段階で、保証されるべき特性ごとに検査、確認の方法、基準を記載した図であり、QC工程図とも呼ばれます。 これによってすべての必要項目が、どこでどのように品質保証がされているかを一覧することが可能になります。
本来は製品を設計した時に決まっているべきではありますが、作り始めてから分かったり、より良い検査方法が見つかったりします。 その都度、QC工程図を改訂して現状に合わせておく事が重要です。
QC工程表に情報を記入する時はJIS規格で定義された記号を使います。


QC工程表を使う理由

QC工程表では、製品を製造するために必要な工程がすべて網羅されています。数々ある工程に対し、作業内容・動作・手順などを定めてマニュアル化したものが作業標準書になります。
作業標準書を使用する目的は、作業を誰が行なったとしても同一の結果が反映されることです。それによって製造された製品の品質や製品安全・作業者安全などが確立されます。
QC工程表があることにより、工程を一つピックアップして作業標準書を作成することができます。

また、QC工程表を作成して現場で活用できるようになってくると、無駄が製造過程においてどこに出ているか発見することができるようになります。
具体例を挙げれば、不具合が起こる可能性が高い作業、タクトタイムに間に合うのを困難にしてしまう作業工程が見つかりやすいです。
それによってQC工程表の内容が更新されますが、この部分の作業は変更管理となります。
変更管理によりQC工程表が更新された場合は、対応している作業標準書も同時に更新を行います。

その他にもQC工程表には、各工程での検査基準などや材料・設備・工具などが記載されます。不良品や不良部品が発生してしまうと、工程はどこの工程なのか、不良品が出てしまった原因を調査することが出来ます。

そして、QC工程表には安全性の証明として顧客や取引先の業者への資料となる側面も持っています。仕入を行いたいお客様や企業は品質が保証された高い安全性を持った商品や製品の納品を期待されています。品質管理体制を取引先や顧客に説明する際に、QC工程表の必要な部分を資料として提示できます。

 

QC工程表の作り方のポイント

【1】QC工程表のフローチャートを作成します
→QC工程表の様式を決めて、工程の流れを明確に記入します。

【2】明確化を行い作業内容を明らかにします
→情報を収集(製品情報や各工程の流れ)することで、具体的に各工程で何を行うのか、作業内容を明確にします。

【3】明確化を行い管理方法や工程管理・管理基準を明確化します
→品質特性(重量、強度など)を保証すべき工程、その工程の基準を明確化します。

【4】明確化を行い点検項目を手順化します
→一連の流れで決めた特性を確認する手順を明確化します。

【5】明確化を行い異常が発生した時の対処方法を決めます。
→点検で異常が結果に表れた時、対処法を明確化しておけばすぐに対処することが出来ます。

QC工程表は、品質の保証部や管理部からの承認を得る必要があり、承認後に必ず発行するようにします。
最初の作成で満足せずQC工程表の内容を適宜変更することで、継続的に品質改善を行うようにしましょう。


「QC工程図(QC工程表)」のキーワード解説記事

もっと見る
QC工程図の目的とは

1. QC工程図のフォーマット  今回は、QC工程図(製造工程設計)とは何かを明らかにします。QC工程図とは、下記のようなフォーマットで作成されます...

1. QC工程図のフォーマット  今回は、QC工程図(製造工程設計)とは何かを明らかにします。QC工程図とは、下記のようなフォーマットで作成されます...


QC工程表の作成と活用(その4)QC工程表の活用

 前回の、その3に続いて解説します。   9. 生産現場でのQC工程表の活用     10. 管理資料としての...

 前回の、その3に続いて解説します。   9. 生産現場でのQC工程表の活用     10. 管理資料としての...


QC工程表の作成と活用(その3)QC工程表の活用

 前回の、その2に続いて解説します。   1.QC工程表の活用目的    QC工程表は、下表のように工場の『ものづくりの鳥瞰図...

 前回の、その2に続いて解説します。   1.QC工程表の活用目的    QC工程表は、下表のように工場の『ものづくりの鳥瞰図...