ホーム > 技法解説 > SQC(統計的品質管理) > 多変量解析

多変量解析 とは

多変量解析とは、その名前が示す通り多くの変数からなるデータを統計的に解析する手法の総称です。重回帰分析、主成分分析、因子分析、判別分析、数量化理論 (I類、II類、III類、IV類)、クラスター分析などがあります。多変量の解析は計算負荷が高く、従来手計算では非常に困難でしたが、コンピュータの高速化、支援ソフトウェアの普及によって、広く使われるようになってきました。 工業的な利用に留まらず、昨今ではアンケート分析の分野でも手軽に使われています。 個別の手法に関しては、それぞれのページを参考にしてください。

多変量解析のセミナー

Excelを用いた統計・データ分析
開催日 (登録日:2017-7-10 / 開催日:2017-9-15)
説明 ★ 目的に合った統計手法をどう選ぶか?大量のデータからどう有用な知識を見つけるか?企業人としてマスターしておきたい統計解析のポイントが習得できる!! 講師 米谷 学 氏 輸入…
統計学超入門 セミナー(2日間)
開催日 (登録日:2017-6-9 / 開催日:2017-9-7)
説明 ★とにかく、わかりやすく説明します!★受講者全員が100%理解の上、セミナーを終えられるよう努力します! 日時 2017年9月7日(木) 11:00-17:002017年9月…



多変量解析の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

多変量解析の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


多変量解析の専門家

氏名 会社名
石井 一夫 久留米大学バイオ統計センター ゲノム科学、ビッグデータとクラウドコンピューティ…






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら