バランスト・スコアカード:経営戦略のビジュアル表現

 経営戦略は経営層だけが理解できればよいわけではありません。実行に関わる全員が把握できるよう、わかりやすく伝えるための仕掛けが必要です。そうした仕掛けの1つに、バランスト・スコアカード(BSC)があります。BSCは1992年にハーバードビジネススクールのノートン教授と経営コンサルタントのキャプラン氏が発表した論文で世間に知られるところとなり、日本では2000年前後に相次いで有名企業が採用して有名になりました。
 
 BSCの特徴は、財務(Financial)、顧客(Customer)、業務プロセス(Internal Business Process)、学習と成長(Learning and Growth)、の4つの視点(Perspective)で定める、重要業績評価指標(KPI:Key Performance Indicator)です。BSCは汎用性が高く、会社の規模や業種に関わらず運用することができます。有名企業で採用されていることから、大手企業向けだと誤解されることもありますが、BSCは中小企業においても有効な考え方です。また、一般企業だけでなく、医療、教育、政府などの各種機関などにも適用されています。
 
 一方、初期のBSCには「単なるKPIのリストに過ぎない」という批判がありました。実施することが望ましいことは多々あるので、4つの視点それぞれで検討を始めると、結果として数多くのKPIが設定されます。しかし、このように定められたKPIの間には因果関係が希薄であり、個々のKPIの達成が最終的な目標の達成に結びつかないことも少なくありません。しかし残念ながら、未だにこうしたBSCの運用をしている組織も散見されます。
 
 バランスト・スコアカード(BSC)戦略マップは、こうした問題に応えるために提案された、KPI間の因果関係を示す図表です。ある1つのKPIを達成するために、どのKPIが寄与するかを示すことで、戦略の全体像を捉えることができます。下図参照。
 
    
BSC
図1.BSC、戦略の全体像
 
 企業活動はまず財務の視点から評価されることになりますが、その先行指標として、顧客の視点があります。顧客満足の向上が、やがては財務指標に反映されると考えられるからです。さらに、業務プロセス、学習と成長の視点の順に先行指標があります。「学習と成長」により「業務プロセス」が改善し、それによって「顧客」満足度が向上して、「財務」目標が達成されるという道筋です。
 
 戦略マップは任意の粒度、つまり細かさで作成できますが、あまり詳細化すると理解や進捗の把握が難しくなります。また、戦略目標設定が総花的でメリハリがなくなりますので、あえて適切なレベルの粗さに留め、骨太の戦略マップとしてまとめるのがコツです。
 
 例示したBSCは事業全体に関するものですが、これを部門や個人レベルで作成することも可能です。その場合には、部門であれば事業全体の、個人であれば部全体の戦略と整合させるように留意してください。
 
 なお、BSCのカタカナ表記をバランス・スコアカード(BSC)とする向きもあります。しかし、本来は、balanced scorecardの発音に沿ってバランスト・スコアカード(BSC)とすべきだと考えます。balancedには「均衡のとれた」という意味だけでなく「あらゆる点を考慮した」という意味があります。典型的には財務指標に加えて3つの先行指標を含む4つの観点から「あらゆる点を考慮した評価表」がBSCだと言えます。この点からも、バランスト・スコアカード(BSC)と呼ぶのが適切だと考えます。
 

この記事の著者

中津山 恒

経営をよくする!問題解決プロフェッショナル 〜 論理的思考とIT活用で目標を達成 〜

経営者の仕事は、業務全体を見渡して現状を把握し、適切な目標を定め、目標と現状のギャップを埋める活動を行い続けることです。このギャップこそが解くべき「問題」であり、(1)問題を適切に定義、(2) 因果関係を分析、(3) 解決策を立案、(4)…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「BSC(バランスト・スコアカード)」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「中津山 恒」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン