特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

投稿日

特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

 

今回は、特許分析を通じて将来の商品開発を先取りする方法について解説します。

【目次】

    1. 特許に着目する理由とは

    特許は新しい技術やアイデアを保護するために申請されますが、その内容は同時に公開されます。要するに、特許を読むことで、将来どのような商品が開発される可能性があるかが見えてきます。しかし、特許は専門的な用語や図表で記載されているため、一般の方にとっては理解が難しいことがあります。したがって、特許分析のスキルを身につけることで、競合他社や市場動向に先んじて、自社の商品開発に役立てることができるのです。具体的には、最新の特許を解読することで未来の技術動向を予測できます。

     

    特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

     

    2. 事例:Appleの顔認証技術

    事例として、Appleの顔認証技術に関する特許を見てみましょう。これは筆者の独自の見解であることをご理解ください。

     

    この特許は2009年に公開され、商品化は2017年に実現しました。その間、研究開発が行われていました(下図)。携帯電話メーカーであれば、Appleの特許に依存せず、競合力を維持するための技術を開発することも考えられるでしょう。しかし、他の企業にとっては、顔認証技術がスマートフォンに組み込まれることを前提に、新しいサービスや技術の開発を検討する重要な機会と言えます。

     

    特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

     

    特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

     

    この特許を読んだ企業は、以下のような問いかけを行うかもしれません。

    1. 顔認証技術がスマートフォンに組み込まれた場合、社会はどのように変わるか?
    2. 顔認証を活用した便益のあるサービスは何か?
    3. これらの要素を組み合わせて新しいプロダクトやサービスを提供できないだろうか?

     

    このような視点から、自社の商品企画を練ることができます。そし...

    特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

     

    今回は、特許分析を通じて将来の商品開発を先取りする方法について解説します。

    【目次】

      1. 特許に着目する理由とは

      特許は新しい技術やアイデアを保護するために申請されますが、その内容は同時に公開されます。要するに、特許を読むことで、将来どのような商品が開発される可能性があるかが見えてきます。しかし、特許は専門的な用語や図表で記載されているため、一般の方にとっては理解が難しいことがあります。したがって、特許分析のスキルを身につけることで、競合他社や市場動向に先んじて、自社の商品開発に役立てることができるのです。具体的には、最新の特許を解読することで未来の技術動向を予測できます。

       

      特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

       

      2. 事例:Appleの顔認証技術

      事例として、Appleの顔認証技術に関する特許を見てみましょう。これは筆者の独自の見解であることをご理解ください。

       

      この特許は2009年に公開され、商品化は2017年に実現しました。その間、研究開発が行われていました(下図)。携帯電話メーカーであれば、Appleの特許に依存せず、競合力を維持するための技術を開発することも考えられるでしょう。しかし、他の企業にとっては、顔認証技術がスマートフォンに組み込まれることを前提に、新しいサービスや技術の開発を検討する重要な機会と言えます。

       

      特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

       

      特許分析からの未来予測、競争力を高める商品開発戦略とは

       

      この特許を読んだ企業は、以下のような問いかけを行うかもしれません。

      1. 顔認証技術がスマートフォンに組み込まれた場合、社会はどのように変わるか?
      2. 顔認証を活用した便益のあるサービスは何か?
      3. これらの要素を組み合わせて新しいプロダクトやサービスを提供できないだろうか?

       

      このような視点から、自社の商品企画を練ることができます。そして、商品が市場に導入される際には、他社に比べて圧倒的な競争優位性を持つことでしょう。このように特許を読むことで、新しいビジネスのアイデアを発見することが可能です。

       

      【ものづくり セミナーサーチ】 セミナー紹介:国内最大級のセミナー掲載数 〈ものづくりセミナーサーチ〉 はこちら!

       

         続きを読むには・・・


      この記事の著者

      藤井 隆満

      基礎研究から商品化まで一直線の開発。 目指す市場と技術のマッチング、知財戦略、バリューチェーンをどうするかということを論理的に考え、開発を加速させましょう。

      基礎研究から商品化まで一直線の開発。 目指す市場と技術のマッチング、知財戦略、バリューチェーンをどうするかということを論理的に考え、開発を加速させましょう。


      「電気・電子技術」の他のキーワード解説記事

      もっと見る
      オームの法則とは?式や計算の覚え方を例題付きでわかりやすく解説

          【目次】   オームの法則とは? オームの法則は、電気回路における基本的な法則の一つで、電...

          【目次】   オームの法則とは? オームの法則は、電気回路における基本的な法則の一つで、電...


      レーザーとは?原理や普通の光との違い、用途などを解説

        瞬間的に光を発するレーザー光と定常的に光を発しているレーザー光がありますが、よく見るレーザーとしては定常的なものの方が多く、これを連続...

        瞬間的に光を発するレーザー光と定常的に光を発しているレーザー光がありますが、よく見るレーザーとしては定常的なものの方が多く、これを連続...


      無線機の電源に発動発電機を使ったら、無線機使用不可能?

         この解説は、筆者が実際に経験した事柄を基に記事化しています。今回は、無線機器の使用現場で頭を悩ませる「ノイズ」問題とその対...

         この解説は、筆者が実際に経験した事柄を基に記事化しています。今回は、無線機器の使用現場で頭を悩ませる「ノイズ」問題とその対...


      「電気・電子技術」の活用事例

      もっと見る
      新技術の特長活かした新規事業機会創出に向けて

      ※イメージ画像   1. 電子部品業界を牽引 ~ リバーエレテック社  今回は水晶振動子や水晶発振器を中心に業界のリーディングカンパニー...

      ※イメージ画像   1. 電子部品業界を牽引 ~ リバーエレテック社  今回は水晶振動子や水晶発振器を中心に業界のリーディングカンパニー...