セル生産の特長、変種変量時代に製品を造り上げる自己完結性の高い生産方式

 

変種変量生産に対応するためには、必要なときに必要なものだけをタイミング良く生産する仕組みが必要です。しかもこれには、価格競争力が必須となります。セル生産とは、毎日変化する顧客ニーズにタイムリーに対応する生産方式です。これは、変種変量時代を勝ち抜く経営戦略やビジネスモデルと一体不可分な生産方式で、一人ないしは数人の作業者、又は、その複合的組み合わせで製品を造り上げる自己完結性の高い生産です。

 

セル生産の特長・メリットは、以下のとおりです。

 

①変種・変量に機敏に対応できる

②ライン編成ロスを最小化できる。

③最少在庫で運用できる。

④製造リードタイムが短縮できる。

⑤作業者のモラルが向上、改善する。

⑥品質意識・責任が明確となる。

5s11
 

 

★★★ この著者の5SセミナーがDVDになりました! ★★★
 https://www.monodukuri.com/dvd_library/detail/3/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


この記事の著者

秋山 高広

究極のムダゼロ生産を目指して!JIT生産/セル生産構築、5S活動支援から生産管理・原価管理システム構築まで多様な支援メニュー。1日工場診断、短期改善支援、1年以上の生産革新支援まで何なりとご相談ください!

究極のムダゼロ生産を目指して!JIT生産/セル生産構築、5S活動支援から生産管理・原価管理システム構築まで多様な支援メニュー。1日工場診断、短期改善支援、...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「セル生産」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「秋山 高広」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。