すぐに役立つ! 40の発明原理の覚え方 と 矛盾マトリクス検索ソフト

1.記憶に残る40の発明原理の覚え方

 40の発明原理は、経験的に、TRIZのツールの中で、シンプルで成果が出しやすく、一番多く活用されているツールです。でもなかなか覚えるのには一苦労していました。図1および図2に、インパクトが強く覚えやすいイラスト版40の発明原理を紹介します。これは、栗原幸男さんが原画を描いてくださったものを筆者が監修したものです。他にも簡略的な図で表現した智慧カードや高木芳徳さんが考案した数字を図表したものが紹介されております。ここで紹介する図は、TRIZを使うのが楽しくなるツールになると思います。拡大版を欲しい場合は、筆者のプロフィールページのリンク先からダウンロードしてください。

40の発明原理20

図1 40の発明原理の覚え方(1~20)

40の発明原理40

図2 40の発明原理の覚え方(21~40)

セミナー「化学系特許出願の基礎と実務【全2回講座】」

12:30 ~ 16:30 

第1回:[東京・浮間舟渡] 板橋区立企業活性化センター 2階 第1研修室 第2回:[東京・王子]北とぴあ 7階 701

60,480円


2.矛盾マトリクス検索ソフトを使いこなそう

 40の発明原理は、特にTRIZの知識がなくても使えます。なぜなら、オズボーンのチェックリストの延長線上のツールと思えばよいからです。また、いままで多くのお客様や後輩からも、そのような使い方での成果報告をたくさんいただいております。これは、課題、問題点およびリスクに対して、40の発明原理をスキャンさせて、各々の発明原理をヒントにアイデアを愚直に発想していけばよいのです。

 ここでは、TRIZの意味を本で学習したり、セミナーで演習を通じて習得したりした方のために、矛盾マトリクスを一発検索できるソフトを紹介します。前記のリンク先にアクセスすると、図3のような矛盾マトリクス検索画面が現れ、「改善する特性」と「悪化する特性」を選択すると矛盾マトリクスの交点の発明原理が表示されます。そして、その下に、図解40の発明原理事例集表示できます。各発明原理の名称、図の意味、適用事例などから発想しやすくなっています。発明原理の名称がよく分からない場合には、括弧の中に分かりやすい表現も書き添えてあります。さらに、ここで、矛盾マトリクスもダウンロードできます。

図3 矛盾マトリクス検索ソフトと図解40の発明原理事例集


この記事の著者

粕谷 茂

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。

【自分史&想い】埼玉県川越生れ、神奈川在住、質実剛健の風土育ち。子供の頃の夢は自動車の開発でしたが、オイルショックで方向転換し、井深大氏最後のプロジェクトに参画できました。感動製品開発のソニースピリッツは直伝。先輩のノウハウをベンチマーク…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「40の発明原理」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「粕谷 茂」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン