原薬製造のためのプロセスバリデーション(PV)実施のポイント

原薬製造プロセスの妥当性はどのように確認するのか?
スケールアップ時の工程別の問題点と解決策とは?


プロセスバリデーション(PV)を実施する際に
抑えておかなければいけないポイントを分かりやすく解説!

セミナー講師

アンリ・コンサルティング 代表 森川 安理 氏
《専門》
有機化学、プロセス化学
《略歴》
1977年3月 東京大学大学院理学系研究科 有機化学専攻 卒業
1977年4月 旭化成 入社
2013 年2月 旭化成 退社
2013年4月 個人事業主として技術コンサルタント業開始
1977年旭化成入社後、スクリーニング化合物の合成、プロセス化学研究に一貫して従事。この間薬学博士号取得。医薬原薬の工場長を10年経験。工場長として、米国、イタリア、豪州、韓国の当局の査察および、制癌剤を中心にする治験薬の受託生産を経験。旭化成を2013年2月末退職。2013年3月より現職。

セミナー受講料

49,500円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。

セミナー趣旨

合成原薬プロセスバリデーション(以下PV)の今昔を理解していただく。PVを実施するときに抑えておかなければいけない以下のポイントを解説する。
・プロセスデザインとその技術移転
・設備等の事前準備(適格性評価)
・PVで何を検討するのか?どうやってプロセスの妥当性を確認するのか?
・リスクアセスメントと管理パラメーター

習得できる知識

・ PV事前準備のポイント
・ PVで一番抑えておかなければいけないスケールアップの問題点(工程別)
・ プロセスの妥当性をどのように確認するのか?

セミナープログラム

1 はじめに
2 プロセスバリデーション(PV)とは
  2.1 原薬GMP及びバリデーションの歴史
   2.1.1 ICH Q7、Q9、Q11概論
  2.2 PV概論(古いPV、新しいPV)

3 原薬PVのバリデーションマスタープラン(VMP)
  3.1 バリデーションマスタープランとは何か?
  3.2 VMPの盛り込む内容リスト
  3.3 VMPの書式例、および参考文献

4 原薬PVの事前準備
  4.1 プロセスの基礎知識の技術移転(CQA)
   4.1.1 原薬の重要な品質特性とは?
   4.1.2 類縁物質
   4.1.3 金属不純物
   4.1.4 残留溶媒
   4.1.5 薬の重要な品質特性(CQA)
   4.1.6 リスクアセスメントによる重要工程パラメーターの決定
  4.2 設備に関する適格性確認(DQ, IQ, OQ, PQ)
  4.3 分析方法の適格性確認
   4.3.1 真度
   4.3.2 併行精度
   4.3.3 室内(室間)再現精度
   4.3.4 特異性
   4.3.5 直線性
   4.3.6 範囲
  4.4 ユーティリティー機器の適格性確認(精製水、クリーンルーム等)
  4.5 記録類の整備
   4.5.1 製造指図書
   4.5.2 ロット製造指図・記録書
   4.5.3 試験室管理記録

5 PVをプロセス化学の面から考える。(仮想合成原薬を例に)
  5.1 仮想原薬のプロセスデザイン
   5.1.1 PVで何を検討せねばならないか
  5.2 仮想原薬の不純物の発生と除去、不純物プロファイル

6 PVの工程管理パラメーターとサンプリング分析(PVで何を見るのか?)
  6.1 反応工程
  6.2 抽出精製工程
  6.3 異性化工程
  6.4 樹脂精製工程
  6.5 再結晶工程
  6.6 最終ろ過工程
  6.7 乾燥工程(ハード)
  6.8 乾燥工程(ソフト)

7 文書
  7.1 PV計画書(プロトコール)
  7.2 PV報告書
  7.3 生データの管理 

8 最近のPV
  8.1 FDAのPV Guidance 2011
  8.2 PPQとPVの違い
  8.3 継続的Verification
  8.4 3バッチバリデーション

 【質疑応答・名刺交換】