欧州CLP規則の徹底理解とSDS・ラベル作成実務

欧州CLP規則について最新動向踏まえ、わかりやすく解説します


前日セミナー「米国HCS・TSCA・プロポジション65」も是非ご参加下さい

セミナー講師

SDS研究会 代表 吉川 治彦 先生

主経歴
 三菱化学(株)、(株)日立製作所において、蛍光体、半導体素子、HDD、LCD等の
研究開発に従事。
 2001年3月より、(一財)化学物質評価研究機構にて高分子の劣化原因究明、化学物質の危険性・有害性評価、暴露・リスク評価に関する研究を行い、GHS関係省庁連絡会議事業におけるGHS危険有害性分類業務、企業のSDS作成業務、化学物質管理コンサルティング等の業務に従事。
 2015年7月 (一財)化学物質評価研究機構 安全性評価技術研究所 主管研究員
 2018年3月 (一財)化学物質評価研究機構を退社
 2018年4月 SDS研究会を設立
 大学院及び大学講師、企業の技術顧問、化学物質管理コンサルタントとして、GHS分類、
SDS作成、化学品規制、国連危険物輸送勧告等において、きめ細かい教育、提案を展開。
日本心理学会認定心理士(リスク心理学等)。

主要著書
「EU新化学品規則 REACHがわかる本」(共著)工業調査会(2007.8)
「化学物質のリスク評価がわかる本」(共著)丸善出版(2012.11)
「化学品の安全管理と情報伝達 SDSとGHSがわかる本」(共著)丸善出版(2014.4)
「Q&Aで解決 化学品のGHS対応SDSをつくる本」(丸善出版)(2019.9)

専門・得意分野
GHS分類、SDS作成を含む化学物質の危険性・有害性の評価、
暴露・リスクの評価及びその社会技術への応用展開

セミナー受講料

『CLP規則(11月14日)』のみのお申込みの場合
  1名43,000円 + 税、(資料・昼食付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき33,000円 + 税

米国HCS・TSCA・プロポジション65(11月13日)』と合わせてお申込みの場合
 (同じ会社の違う方でも可。※二日目の参加者を備考欄に記載下さい。)
  1名61,000円 + 税、(資料・昼食(11月14日のみ)付)
  *1社2名以上同時申込の場合、1名につき51,000円 + 税
  ⇒割引は全ての受講者が両日参加の場合に限ります
  備考欄に「米国HCS・TSCA・プロポジション65(11月13日)とセットで申し込み」と
  ご記入ください。
  ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
  *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 欧州では2015年6月1日にCLP規則が完全施行され、混合物についてもCLP規則に対応したSDS(安全データシート)・ラベル対応が必須となった。SDSの記載要件はREACH規則の付属書II(COMMISSION REGULATION (EC) No 453/2010)で規定され、2015年6月1日以降のCLP完全導入後のものが公表されているが、COMMISSION REGULATION (EU) 2015/830(通称・830書式)が2015年5月29日に公開され、2017年6月1日以降は、これに従って作成する。
 本セミナーでは、欧州向けのSDS・ラベル作成担当者、あるいはこれから作成・管理に従事する方を対象に、CLP規則(830書式対応)について分かり易く解説し、CLPの分類方法、SDS・ラベル作成実務について講演する。
 また、米国HCS及び日本のGHSとの相違点も含めた理解を目指し、さらに最新の状況、CLP規則の改訂(ATP)、混合物のPoison Centerへの届出、RoHS指令の改正による製品含有化学物質への対応、英国のEU離脱の動向等についても触れる。

習得できる知識

・CLP規則でCommision Regulation 2015/830(通称 830書式)の理解
・CLP規則に準拠したSDS・ラベルの作成ポイントと留意点の理解
・欧州CLP規則の要求事項と米国HCS、日本のGHSとの対比・相違点の理解
・最新の状況(CLP規則の改訂、混合物の届出、RoHS指令等)の概要と対応

セミナープログラム

  1. CLP規則の背景
    1.  国連GHSについて
    2.  欧州へのGHS導入の経緯
    3.  CLP規則とREACH規則の関係
  2. CLP規則の概要
    1.  CLP規則における分類、表示、包装の概要
    2.  CLP規則における分類のポイント(調和分類と自主分類)
    3.  C&Lインベントリーと分類・表示の届出
    4.  830書式での変更点とSDS及びラベル作成方法と作成例
  3. CLP規則に対応したSDS作成実務
    1.  SDSの830書式、記載要件
    2.  830書式対応SDS作成実務
  4. CLP規則に対応したラベル作成実務
    1.  ラベル要素、サイズ等の規定
    2.  ラベル作成実務
  5. 欧州CLP規則、米国HCS、日本のGHSとの比較、最新動向
    1.  欧州、米国、日本の分類基準の比較
    2.  CLP規則の改訂(ATP)
    3.  混合物のPoison Centerへの届出
    4.  RoHS指令の改正による製品含有化学物質への対応他(質疑応答)