イスラエルの革新的な技術トレンドと活用

【加速するグローバル企業のイノベーション創出】
~日系企業ならではのアプローチ~


【セミナープログラム】


【15:00~17:00】

 近年、日本とイスラエルのビジネス関係が急速に進んでいます。特にイスラエルが生み出す革新的な技術の探索を目的として、イスラエルに対する日本企業の関心が高まっており、提携や拠点設立の動きがこの1年間で特に増加しました。2020年3月からはテルアビブ~東京間での直行便が就航予定で、両国間の移動がより容易になり、往来が増加する見込みです。
 一方で、イスラエルに進出済みのグローバル企業の数は全体では既に370社を超えていることを考えると、日系企業によるイスラエルへの取り組みはまだ存在感も薄く、始まったばかりと言えます。
本セミナーでは、現地テルアビブに駐在し、日本企業とイスラエルスタートアップの間の協業支援を行ってきた現場感から、イスラエルの技術を活用したイノベーション創出に向けた日本企業ならではのアプローチ等についてお話させていただきます。

1.イスラエルのイノベーションエコシステム概要(シリコンバレー等との比較を含む)
2.直近イスラエルで注目されている領域とトレンド
3.イスラエルのビジネスカルチャー
4.イスラエルにおけるグローバル企業のイノベーションへの取り組み事例
5.日系企業のイスラエルにおけるこれまでの動き
6.日系企業ならではのチャレンジと、それを踏まえたアプローチ
7.質疑応答



  • 2019年 7月31日(水) (懇親会:17時~18時)

  • 【17:00~18:00】イスラエル料理(軽食)をご用意する予定です。


【講師】


森山 大器(もりやま だいき) 氏 
デロイトトーマツベンチャーサポート(株)/Deloitte Israelグローバルテクノロジー統括/Japanese Clients Executive 


経歴


 ボストンコンサルティンググループ(BCG)に手5年間勤務。通信、銀行、証券、自動車、エネルギー、製薬など幅広い業界を対象に戦略・実行支援の両面で経営コンサルティングを行う。その後、デロイトトーマツベンチャーサポートに参画し、技術ベンチャー支援担当、経営企画部長、政策事業部長を歴任。現在はDeloitte Israelのテルアビブオフィスに駐在し、日本とイスラエルをつなぐ支援(技術探索、イスラエル拠点設立支援、M&Aアドバイザリなど)を実施中。 
 東京大学・大学院にて物理工学(量子光学)を専攻。最優秀卒業論文賞受賞。イリノイ工科大学Institute of Designにてイノベーションの方法論(人間中心デザイン)を学ぶ。Master of Design Methods 修了。NEDO事業カタライザー、総務省I-Challenge事業化支援機関責任者、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J) サポーター、東大メンターズメンバー。


【受講料】


1名につき 33,700円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)