初心者向けセミナーです 【中止】障害者雇用をめぐる基礎知識

障害者雇用に関する採用前・後を共に説き
理解を深めましょう!

セミナー講師

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士 嘉納 英樹 氏

セミナー受講料

会員 35,200円(本体 32,000円)
一般 38,500円(本体 35,000円)
※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(所属先の会員登録有無がわからない場合、
お申込みの際に備考欄へ「会員登録確認希望」とご記入ください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

セミナー趣旨

障害者雇用促進法における法定雇用率が2021年3月末までに2.3%に引き上げられます。
このため、43.5名以上の企業が雇用を義務付けられることになります。
他方、技術革新、人口減少、および働き方改革の要請を受け、「いわゆる健常者」の労働時間は短くなっていくことが予想されます。
この現状において、「高齢者雇用」、「外国人雇用」とともに注目を浴びるのが「障害者雇用」です。
本セミナーでは、障害者雇用の基礎を一緒に学ぶとともに、障害者雇用に関する事例(採用前および採用後)を一緒に説いていき、理解を深めましょう。

受講対象・レベル

人事労務、総務、法務部門等の関連部門に所属され「障害者雇用」の基礎知識や事例(採用前および採用後)について学びたい方

セミナープログラム

1.人口減少および働き方改革と障害者雇用の必要性
2.技術の発達・・・ 障害者雇用の可能性で会社が変わる
3.障害者雇用促進法を一緒に見てまいりましょう
4.法定雇用率・・・ 行政も数字をごまかしていたようです
5.差別禁止および合理的配慮
6.障害者雇用状況報告
7.障害者雇用納付金
8.助成金
9.企業として短期の収益を目指すか長期の存続を目指すか