マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの技術動向

【対象者】


 生分解性プラスチックを導入したいと考えている企業、技術者、研究開発従事者


【セミナーで得られる知識】


 海洋プラスチックごみを取り巻く社会情勢
 生分解性プラスチックの設計要件
 海洋生分解性プラスチックの分子設計の実際


【趣旨】


 生分解性プラスチックは、海洋へのプラスチックの環境拡散問題の解決策の一つとして注目を集めています。一方で、生分解性プラスチックを汎用プラスチックの代替とするには、いくつかのブレイクスルーが必要です。本講演では、海洋プラスチックゴミ問題を概観しながら、海洋での生分解性プラスチックの成立要件と問題点を挙げ、これらの問題点を克服するためのプラスチックの「時限」生分解性について解説し、現在当研究グループで取り組んでいる研究事例を紹介します。


【プログラム】


1.バイオプラスチックの必要性と背景


2.プラスチック廃棄物と海洋汚染について
 (1) プラスチックを取り巻く海洋生態系 
 (2) 海洋マイクロプラスチック問題 
 (3) プラスチック生物圏(Plastisphere)について


3.市販されている生分解性プラスチックの紹介
 (1) 化学合成系
 (2) 生合成系


4.材料の生分解性発現機構
 (1) 生分解機構(生物および非生物劣化、酵素分解、微生物分解)
 (2) プラスチックを分解する酵素
 (3) プラスチックを分解する微生物


5.生分解性評価法
 (1) 酵素分解法
 (2) 微生物分解法
 (3) その他


6.生分解性プラスチックの規格および認証


7.生分解性プラスチックの生分解性と構造との関係
 (1) 一次構造
 (2) 高次構造


8.海洋における生分解性プラスチック


9.生分解性プラスチック設計
 (1) 構造要件
 (2) それ以外の要件


10.海洋生分解性プラスチック開発研究事例
 (1) 環境応答性高分子の利用
 (2) 生物応答性高分子の利用
 (3) その他 


【講師】


 粕谷 健一 氏  群馬大学 理工学府 分子科学部門 教授 博士(工学)

【経 歴】
 1997年 東京工業大学大学院 生命理工学研究科 博士課程修了
 1997年 理化学研究所 基礎科学特別研究員
 1999年 群馬大学工学部 生物化学工学科 助手
 2005年 群馬大学工学部 生物化学工学科 助教授
 2010年 群馬大学大学院 理工学府分子科学部門 教授
 2017年 群馬大学 食健康科学教育研究センター センター長(兼任)、学長特別補佐

【研究歴】
 理化学研究所において生分解性プラスチックの酵素分解機構に関する研究に従事(1992-1999)、群馬大学において生分解性プラスチックの環境分解メカニズム解明に関する研究、生分解性プラスチックの分解速度制御技術開発に従事、現在進行中(1999-現在)、群馬大学食健康科学教育研究センターにおいて、食品パーケージングへの生分解性プラスチックの応用に関する研究に着手(2017-現在)

【所属学会】
 高分子学会、日本農芸化学会、繊維学会

【著 書】
 海洋プラスチックゴミ問題を解決する、生分解性プラスチックを活用した有機リサイクル実現に向けて、都市清掃、72(2019) 33-38、「時限」生分解性プラスチック創製を目指して、繊維学会誌、 72(2019) 461-462


受講料


48,000円(税込)※ 資料付
* メルマガ登録者は 43,000円(税込)
* アカデミック価格は 25,000円(税込)


★ アカデミック価格
 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。申込みフォームに所属大学・大学院を記入のうえ、備考欄に「アカデミック価格希望」と記入してください。
★ メルマガ会員特典
 CMCリサーチメルマガ会員登録をされていない方で登録をご希望の方は、申込みフォームの備考欄に「会員登録情報希望」と記入してください。折返し登録のご案内をお送りします。登録していただくと、今回よりメルマガ価格が適用されます。
 2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、2人目以降はメルマガ価格の半額です。