自動車用塗料・塗膜の設計、評価と劣化、不具合対策

厳しい使用環境に耐える塗料・塗膜を形成するには
塗膜の初期性能評価や長期耐久性、外観評価…
自動車用塗料と添加剤・ポリマー等材料開発、
デザイン、塗装工程に携わる方々はぜひ!


■塗料・塗膜の基礎・必須知識と上手な塗膜の形成
■自動車塗料の要求品質、長期耐久性、外観評価法、カラートピックス
■前処理工程、電着塗料・電着工程での不具合と対策

 

セミナー講師

ステンレスペイント(有) 技術顧問 長尾 五郎 氏
※元日本ペイント(株) 自動車塗料事業部 技術部長
略歴
 1972年4月 日本ペイント(株) 入社、同5月 自動車事業本部 大阪技術部に配属
 1973年4月:寝屋川事業所:自動車用中上塗塗料の設計、開発・ライン対応に従事
 1977年7月:愛知事業所:自動車用中上塗塗料の設計開発・ライン対応に従事(特にトヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自動車を担当した)
 1989年4月:東京事業所:自動車用中上塗塗料の設計開発・ライン対応に従事(特に日産、いすゞ、ホンダ、富士重工、関東自動車等トヨタ関係、三菱、韓国Pj、海外技術支援業務等を対応した)
 2000年:技術部長
 2003年10月:購買本部・東京支部:副本部長
 2005年4月:東京事業所 自動車塗料事業本部:技術部長
 2007年7月:定年退職
 2007年10月~2010年1月:Nippon Paint Vietnam(Hanoi) Co.,Ltd.
 2010年7月~2015年4月:KFアテイン(株) 技術顧問
 2011年7月~現在:ステンレスペイント(有) 技術顧問
専門
・自動車新車用中上塗料全般の
 *開発・改良設計技術(日本の自動車メーカーを殆ど担当した。またGM、三星自動車なども担当)
 *塗装技術、塗装設備技術全般、出願特許10数件有り
 *塗料用原材料評価技術、探索技術全般
 *塗料塗膜評価技術全般(各社SPEC含む)
 *ラインサービス等対応技術全般(営業フォロー等)
 *技術部門マネージメント
・購買技術
・海外支援技術

セミナー受講料

49,500円( S&T会員受講料46,970円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

セミナー趣旨

 自動車用塗料を主に塗料概論を講義する。自動車用塗料は厳しい使用環境に耐える必要がある。その為の知識・知恵をお話したい。また、自動車の塗装工程、自動車の使用中には色々と不具合が発生する。その原因や対策についてお話ししたい。耐久性不具合について、寿命解析なども少し言及する。不具合に立ち向かう時の基本的な知識や心構えについて、経験談も含めて。

習得できる知識

1)塗料概要 2)塗料原材料 3)塗料・塗膜性能評価 4)不具合事例とその対策

セミナープログラム

1.序章
 講師経歴
 塗料の歴史
 塗料工業の位置づけなど
2.塗料原料
 ・塗料用樹脂
 ・塗料用顔料
 ・塗料用添加剤
 ・塗料用溶剤
 ・および原材料探索の基本
3.塗料製造
 ・塗料製造
 ・塗料製造の装置・機械など
 ・塗料の基本的性質
4.塗膜形成
 ・硬化形式方法
 ・塗装方法方法
 ・塗装用の道具・機器
 ・自動車塗装とその塗装工程
 ・最近の塗装動向
5.塗膜の評価
 ・塗料の種類とJIS規格
 ・自動車用塗料の要求品質項目
 ・塗膜評価方法
 ・自動車塗膜の外観計測法について
 ・カラートピックス
6.塗膜の不具合・劣化対策
 ・前処理工程での不具合
 ・電着塗料・電着工程での不具合と対策
 ・中上塗塗装工程と中上塗料の不具合と対策
 ・耐久不具合例と対策
7.不具合・劣化にどう立ち向かうのか
 ・QC七つ道具などの活用
 ・原因究明に関する基本的な心構え

  □質疑応答□