金型保全の進め方セミナー【中部】

「金型に起因するロス(故障・チョコ停・不良)を予防する保全」はコスト削減の大きなカギであり、金型購入費用とならび重要な要素です。製品の短納期化、高精度化、生産ロットの縮小化のみならず、コスト・品質・納期などの競争力の強化にもつながります。職場ですぐに実行できる型保全の具体的な進め方について、わかりやすく解説します。


※開催最終日の税率の適用をさせていただきます


【研修の狙い】


保全部門の管理者・スタッフ、型設計の担当者・製作の責任者、TPM推進担当者


【受講対象者】


計画保全・設備診断


【講師】


杉浦 一廣
TPMコンサルティング事業本部 TCセンター プロフェッショナルアドバイザー TPMコンサルタント


【プログラム】


はじめに
・ 「作り過ぎのムダ」を解決するための基本条件は金型の保証にある
・ 「作り過ぎ」が発生する理由
・ 「作り過ぎ」のムダを解決する金型とは
1.型保全の基本的考え方
・ 高精度化、スピード化した中での型保全
・ 型機能と型保全
・ 安定した品質を作り出す型保全
2.LCCミニマム追求と型保全
・ 型のLCCについて
・ 型起因によるチョコ停「0」と型保全
・ 生まれの良い型にするDR活動
・ LCCミニマムのための型保全の役割
3.型保全効率化の進め方
・ オペレーターとの役割分担(金型の自主保全)
・ 部品交換主体の型保全の進め方
・ 生まれの悪い型の処置方法
・ 応急対策保全のためのスキル向上
4.型保全コストのダントツ低減手法
・ 型保全費管理(目標管理)の進め方
・ 総型保全コストのダントツ低減手法
5.職場に帰って即実行すること
・ 金型故障ロス撲滅の7ステップ展開