ライトフィールドディスプレイの原理、最新動向とその応用展開

★VR、AR、3D、空中ディスプレイの開発に向けた、「自然な映像表現」、「酔い・疲労の軽減」を実現する注目の技術を詳解!


講師


法政大学 情報科学部 教授 博士(情報理工学) 小池 崇文 氏


受講料


1名につき50,000円(消費税抜き・昼食・資料付き)


〔1社2名以上同時申込の場合1名につき45,000円(税抜)〕


【講座概要】
ライトフィールドは光を7次元の情報をもつ光線と捉えて取り扱う概念で,近年,急速に研究が進んでいる.ライトフィールドディスプレイは,このライトフィールドを再現するディスプレイで,光をより正確に再現するためのディスプレイ技術であり,光学とコンピュータサイエンス,エレクトロニクスの統合技術としてとらえられる.今後,ライトフィールドの再現性能を向上させるという観点で,ディスプレイ技術が進化することが予想され,ディスプレイだけでなく映像技術にとって,必須の技術知識となりつつある.
本講義では,ライトフィールドの考え方について基礎から解説し,ライトフィールドディスプレイや関連するカメラ技術,また,ライトフィールドディスプレイの応用例や最新の研究動向について解説を行う.


1.ライトフィールドの基礎
 1.1 ライトフィールドとは何か
  1.1.1 Plenoptic Function
  1.1.2 4D Light Field
 1.2 ライトフィールドの定式化
 1.3 ライトフィールドの背景・歴史
 1.4 ライトフィールドの理論的基礎・特性
  1.4.1 光線空間 (Ray Space)
  1.4.2 ライトフィールドの座標系
  1.4.3 Plenoptic Sampling


2.ライトフィールドディスプレイの原理
 2.1 裸眼3Dディスプレイの基礎
 2.2 標本化方式ディスプレイ
 2.3 積層型(テンソル)ディスプレイ


3.ライトフィールドカメラ
 3.1 多眼カメラ・カメラアレイ
 3.2 レンズアレイカメラ
 3.3 ライトフィールドカメラの応用


4.ライトフィールドディスプレイの応用
 4.1 立体ディスプレイ
 4.2 焦点調節機能付きライトフィールドディスプレイ
 4.3 ヘッドマウントディスプレイへの応用
 4.4 メガネ型ディスプレイへの応用


5.ライトフィールドディスプレイの最新研究事例
 5.1 コンピュータサイエンス分野の研究事例
 5.2 光学分野の事例
 5.3 その他の研究事例


6.ライトフィールドディスプレイ関連企業


7.ライトフィールドの可能性と今後


【質疑応答・個別質問・名刺交換】


エンジニアのための役立つ情報サイト
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。