イノベーションを生み出す自社技術の見える化と技術情報としての特許活用

【受講対象】


製造企業の経営者、研究・開発部門長・管理者・技術者・研究者、技術・開発企画部門長・管理者・スタッフ
新規事業部門長・管理者・スタッフ、知的財産部門長・管理者・スタッフ

特に下記の課題認識をお持ちの方:
・自社技術を核にした新用途・新商品を企画したい
・自社技術を進化させる技術開発の方向性を具体化したい
・自社技術を見える化したい可視化し、具体化したい
・新たなテーマを生み出すための特許情報の活用の仕方を学びたい
・技術者、研究者に必要な企画スキルとマインドを学びたい
・R&D現場に新用途・新商品の企画プロセスを構築したい


【プログラム】


開催にあたって


 これまでの事業活動・研究開発活動の中で蓄積された技術は、未来へ向けたイノベーションを生み出す貴重な資源であり、自社技術を効果的に活用できるか否かは、ものづくり企業の成長を大きく左右します。


 しかし、一方、多くの企業では、独自の優れた技術を持ちながらも、それらが十分見える化さらには活用されず、イノベーションにつながっていないことに強い課題認識を持っています。


 本セミナーでは、イノベーションへむけてR&Dの技術力・価値創造力を高めるための組織活動をテーマに、ケミストリーキューブが開発したフレームワークと実践ノウハウについて、「自社技術の見える化」と「特許情報を活用したイノベーション構想」に焦点をあてて解説します。


1.変化するR&Dのミッションとイノベーション戦略
     (1)イノベーションの時代
   ・ものづくり企業を取り巻く変化
   ・イノベーションとは「価値の創造と具現化」
     (2)変化するR&Dのミッションと現場の悩み
   ・経営戦略・事業戦略との整合から創発へ
   ・R&D現場の悩み
     (3)イノベーション戦略の実践
   ・イノベーションと技術の創発サイクルを創り出す
   ・技術マネジメントの重要性


2.自社技術の見える化
     (1)なぜ技術マネジメントは難しいのか
   ・技術マネジメントとは
   ・技術マネジメントの難しさの本質 ~技術の多義性~
   ・技術の5階層モデル(技術の捉え方)
   ・技術創造のUモデル ~リニアモデルとUモデル~
     (2)技術の見える化 ~顧客価値を起点とした技術の構造化~
   ・役に立たない技術の棚卸
   ・技術の見える化の鍵は「構造化」
   ・技術の構造化のフレームワークと実践プロセス
     (3)自社技術を起点としたイノベーション構想
   ・自社技術を起点にイノベーションを生み出す3つのアプローチ


3.特許情報を活用したイノベーション構想
     (1)なぜ、特許情報を活用するのか
   ・特許から何がわかるのか
   ・特許情報を効果的に活用するための原則
     (2)実践プロセスとフレームワーク
   ・探索フレームワークの設計
   ・展開候補の抽出と選定
   ・競合優位性の分析
   ・イノベーションへのアイデア発想


4.実践のための心得と基本技術
   ・必要なスキルとその習得
   ・分析の技術 ~分ける、関係性を知る~


5.活動の進め方と大切にしたいこと
   ・活動における2つの目標 ~2軸志向~
   ・気づきを生み出す仕掛け ~ワイガヤによる実践~
   ・「やってみる」を促進する組織文化
   ・経営者・管理者の役割 ~革新マインドを支援する~

6.実践事例の紹介