ディスプレイ用光学フィルムの技術動向と開発のポイント

有機EL・車載ディスプレイ・タッチパネル用途向け光学フィルムの基礎から、

現状技術・開発技術、新しい光学開発のヒントとなる考え方まで!


講師


(株)矢野経済研究所 客員研究員 岡田 豊和 氏 <元 住友化学、JSR>

<ご専門>(光学)機能性高分子フィルム
<学協会> 高分子学会(ゴールド会員)
<ご略歴> 九州大学工学部応用化学修士課程卒業


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


受講対象・レベル


・光学フィルム、ディスプレイ材料開発者
・光学フィルムに関心があるディスプレイ関連メーカーの方 


習得できる知識


・光学フィルム(特にディスプレイ用途)の基礎事項、現状技術と開発技術
・新しい光学開発のヒントとなる考え方 


趣旨


 ディスプレイ用光学フィルムの盟主である偏光板の基本事項に加えて、各種ディスプレイに共通的に使用できる高耐久、超高耐久、薄膜、インセル偏光板等と、反射防止技術やOCAフィルム、車載ディスプレイ、有機EL、タッチパネルに固有のフィルムについてもその要求特性や開発技術について概説する。合わせて、新しい光学フィルムを開発するためのヒントについても紹介する。 


プログラム


1.ディスプレイ用光学フィルムの盟主「偏光板」の基礎
 1-1.偏光板の歴史
 1-2.偏光板の構成と製造方法
 1-3.偏光板の求められる主な特性とディスプレイに与える効果・製造因子等
 1-4.LCDの構成例と現状技術、将来必要とされる材料等
 1-5.高耐久偏光板
 1-6.薄膜偏光板

2.車載ディスプレイやその他ディスプレイに共通する光学フィルム、材料
 2-1.超高耐久偏光板
 2-2.インセル偏光板
 2-3.複屈折フリーフィルム、ガラス代替フィルム基板
 2-4.反射防止(表面反射光)用光学フィルム
 2-5.反射防止(内面反射光)用光学フィルム
 2-6.OCAフィルム(透明粘着フィルム)

3.車載ディスプレイの種類と必要な光学フィルム

4.有機ELのトレンドと必要な光学フィルム、材料
 4-1.LCDから有機ELへの転換はすすむのか
 4-2.有機EL用途に必要な光学フィルム
 4-3.有機ELの将来の形態

5.タッチパネルの種類、トレンドと必要な光学フィルム、材料
 5-1.タッチパネルの種類とその特質
 5-2.タッチパネル用途に必要な光学フィルム
 5-3.タッチパネルの問題点と将来の形態

6.新規光学フィルム開発のポイント
 6-1.液晶材料の活用(液晶を制するものは液晶!)
 6-2.自己組織化技術の活用
 6-3.発想の転換
 6-4.超多層化技術
 6-5.ナノ技術、ナノ材料の活用
 6-6.自然現象に学ぶ(バイオミティクス)
 6-7.(ディスプレイ)の将来技術を念頭に

 キーワード 光学、フィルム、偏光板、ディスプレイ、車載、自動車、有機EL、タッチパネル