プラスチック成形における残留応力の発生メカニズムと成形不良対策~熱粘弾性挙動&残留応力の解釈方法~

粘性、粘弾性、熱粘弾性に起因する
残留応力の発生メカニズム及びその低減化法


時間-温度換算則の誘導方法とこの換算則を用いた残留応力の解放に伴う変形予測法とは!?
強度・変形の長期予測法、加速試験法等の各事象への利用方法も解説いたします。
マスターカーブを用いてさまざまな現象を予測する!

セミナー講師

(株)SMS 代表取締役、金沢工業大学 名誉教授、工学博士 新保 實 氏
経歴
学歴
1974年3月金沢工業大学機械工学科卒、1984年3月同大学大学院工学研究科博士課程修了
               工学博士受、1991-1992年マサチュ-セッツ工科大学(MIT:米国)留学. 
職歴
1974年4月金沢工業大学助手、1994年4月~2012年3月金沢工業大学教授、
2012年4月(株)SMS、2012年6月金沢工業大学名誉教授.
専門】材料力学、粘弾性学、プラスチック材料、他、  
著書】“プラスチックの粘弾性特性とその利用法-成形不良対策法/発泡制御法-“ 
           共立出版、2013.7(単著)、他12編
主研究テ-マ
1.プラスチックおよびプラスチック系複合材料の成形過程で生ずる残留応力の発生機構の解明
2.マイクロセルラ-プラスチックのプロセッシングに関する研究
所属学会
日本機械学会 永年会員(平成15年度(第81期)~平成16年度(第82期):評議員)、
プラスチック成形加工学会(平成13年度~:評議員,平成10年度~:論文査読委員)、
Cellular Polymers(UK):Editorial Member (平成18年~)、
受賞
平成11年:プラスチック成形加工学会より功労賞受賞
平成12年:SPEより貢献賞受賞
平成21年:エレクトロニクス実装学会論文賞受賞
平成21年:先端加工学会論文賞&技術賞受賞.

セミナー受講料

49,500円( S&T会員受講料47,020円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

セミナー趣旨

 プラスチックは室温から200℃程度の範囲で、粘弾性という弾性と粘性の両性質を示す複雑な振る舞いをします。特に熱可塑性樹脂は、この温度範囲で液体から固体へと容易に形態変化をします。このような特性から、複雑な3次元形状の成形品も射出成形法等で容易に成形が可能となります。しかしながら、プラスチック成形品には、粘弾性特性に起因する残留応力や流動不良に起因するヒケや寸法不安定性といった成形不良が発生する場合があります。また、近年鋭意検討されている発泡成形においては、発泡剤の振る舞いで成形品表面にスワルマークやレインドロップといった表面性状不良も発生する場合があります。
 ここでは、プラスチックの粘性、粘弾性、熱粘弾性起因する残留応力の発生メカニズム及びその低減化法を説明します。さらに、時間-温度換算則の誘導方法とこの換算則を用いた残留応力の解放に伴う変形予測法、強度・変形の長期予測法、加速試験法等の各事象への利用方法について説明します。

習得できる知識

・プラスチックの基本特性である粘弾性特性及び熱粘弾性特性が理解できる。
・残留応力の発生機構が理解できる。
・残留応力の理論的、実験的解析方法が理解できる。
・残留応力の低減方法並びに積極的な利用法が修得できる。
・粘弾性特性・熱粘弾性特性を基準とした強度、変形の力学的取扱いの基礎が修得できる。
・粘弾性特性に成立する時間-温度換算則の概念が修得できる。
・時間-温度換算則を用いた強度、変形の長期予測法と信頼性評価法の基礎が修得できる。
・残留応力+溶剤による耐ストレスクラッキング性が修得できる。

セミナープログラム

1.プラスチックの最も重要な粘弾性の基礎知識
 1.1 粘性・レオロジー特性とは?
 1.2 粘弾性特性・熱粘弾性特性とは?
 1.3 粘弾性特性・熱粘弾性特性の利用方法
 1.4 粘弾性に伴う特異現象(クリープ挙動、緩和挙動)

2.弾性体と粘弾性体の力学の違いを理解するための基礎知識
 2.1 弾性体の応力とひずみ
 2.2 粘弾性体の応力とひずみ
 2.3 弾性体の応力-ひずみ関係式(構成方程式)
 2.4 粘弾性体の応力-ひずみ関係式(構成方程式) 

3.粘弾性挙動による残留応力の発生メカニズム
 3.1 残留応力の発生要因の分類
 3.2 冷却過程で生じる残留応力の発生メカニズム
 3.3 硬化過程で生じる残留応力の発生メカニズム
 3.4 ガス保圧(GCP利用)による残留応力の低減化法

4.残留応力の理論的・実験的解析方法
 4.1 粘弾性理論を用いた残留応力の基礎式の誘導方法と解析方法
 4.2 実験的解析手法
  4.2.1 ひずみゲ-ジ法の計測システムと計測方法
  4.2.2 光粘弾性法、X線回折法、他
 4.3 残留応力の低減化法

5.時間-温度換算則とその解釈
 5.1 時間-温度換算則の基礎概念
 5.2 粘弾性挙動のマスタ-曲線の作成方法
 5.3 時間-温度移動因子(アーレニュウス型、WLF型)

6.時間-温度換算則を用いた各種事象の予測法
 6.1 マスター曲線を用いたクリ-プ変形の長期予測法
 6.2 マスター曲線を用いた残留応力開放に伴う変形の長期予測法
 6.3 マスター曲線を用いたCFRPの変形、強度の経時的変化の予測方法
 6.4 マスター曲線を用いたプラスチックの諸特性の加速試験方法
 6.5 残留応力+溶剤によるストレスクラッキングの対策法

 □質疑応答・名刺交換□