講師と一緒に実践!!これでわかるFMEA/DRBFM <理解を深める 15名限定講座>

DRBFMのA級エキスパート講師とFMEAを作成!
即現場で役立つ知識を身につけよう!

セミナー講師

Nakadeメソッド研究所 代表  中出 義幸 先生

■ご略歴
パナソニック(株)にて車載電装品の開発を26年間担当。
複雑な構造設計及び回路設計技術の習得とハンドル周辺の
操作スイッチ、キーレス等の製品開発とマネジメントに従事。
その経験を基に10年前から品質問題未然防止を担当。
2013年 トヨタ自動車(株)DRBFM A級エキスパート認定
2014年 社長賞受賞
2015年 パナソニック退社、コンサル なかよし設立
       京都府中小企業特別技術指導員
       製品機能から考える未然防止手法「Nakadeメソッド」考案
2018年 社名を「コンサルなかよし」から「Nakadeメソッド研究所」に変更
■ご専門および得意な分野・研究
①車載電装品開発力
特許出願143件、登録件数国内67件、海外登録件数29件
②事業化推進力
デザインインからのコンセプト提案力を有し、キーレス、エアコンパネルスイッチ、
ハンドルスイッチの商品提案と事業化の経験を持つ。
③創造的品質問題未然防止手法
 トヨタ自動車(株)DRBFMのA級エキスパート認定を世界で10人目に取得。
B級エキスパート9名を認定指導。
独自に「Nakadeメゾット」を考案、高効率の品質問題未然防止力を持つ。
社員研修他で、延べ50回、約1500人に講義実践。

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

「講師と一緒に楽しく作るFMEA!」、初心者でも理解しやすい品質問題未然防止手法を、実際のモデル製品を使って経験豊富なトヨタ自動車認定A級エキスパートが楽しく、わかりやすく伝授いたします。

受講対象・レベル

1・これからFMEAを学ぼうとする設計者
2・FMEA作成に自信のない方
3・品質管理を担当されている方
4・品質問題未然防止法を学びたい営業職、製造現場、生産技術の方

セミナープログラム

★LED方式懐中電灯開発における品質問題未然防止法を例とし、
実際にFMEA帳票を作成しながら講義を進めます
各分野で応用可能な内容です


講師と一緒に未然防止を実践!
テーマ:LED懐中電灯開発における品質問題未然防止活動

    
序章:
セミナーの背景とねらい、FMEA/FTAとは

第1章 設計の事前準備
  1-1. LED懐中電灯の開発ストーリー
  1-2. 御前(みぜん)さんの学習内容
     LEDの色と材料、波長の違いなど
     豆電球とLEDの電圧−電流/輝度特性

第2章 構想設計
  2-1. 回路構成
  2-2. LED方式 懐中電灯 部品構成

第3章 FMEAの作成
  3-1. FMEAによる未然防止の試行
     FMEAワークシートの解説
  3-2. FMEAワークシートへの記入事例
     故障モード一覧表
     FMEAのリスク優先度の付与基準
  3-3. FMEAワークシートの課題と対策
  3-4. FMEAワークシートの見える化!事例

第4章 DRBFM
 設計の『見える化』と『衆知を集める』手法!
  4-1. DRBFM(Design Review Based on Failure Mode)とは!
  4-2.「衆知を集める」とは!
  4-3. FMEAとDRBFMの違い!
  4-4. DRBFM帳票
  4-5. 階層組織図
  4-6. DRBFM帳票の説明
  4-7. 気づきシート
  4-8. 変更点・変化点一覧表
  4-9. 機能着眼点一覧表
  4-10. 変更点−機能マトリクス表
  4-11. 階層構造図
  4-12. なぜなぜ分析
  4-13. ワークシート

第5章 ケーススタディー
 LED懐中電灯「衆知を集める」DRBFMの実践!
  5-1. 気づきシート
  5-2. 変更点・変化点比較一覧表
  5-3. 機能着眼点一覧表
  5-4. 変更点×機能マトリクス
  5-5. 階層構造図
  5-6. 設計根拠の明確化!
  5-7. なぜなぜ分析
  5-8. ワークシート(完成版)
  5-9.(参考)用語の解説

第6章 まとめ
  6-1. まとめ
  6-2. おさらい:存在意義
  6-3. 最 後 に!


<質疑応答>