表面化学修飾ナノコーティング技術による表面高機能化および界面制御

表面化学修飾技術の基礎と最新動向を解説!

セミナー講師

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 先進コーティング技術研究センター
上級主任研究員  中村 挙子 先生

略歴
1988年 東京都立大学理学部化学科 卒業
1990年 東京都立大学大学院理学研究科化学専攻修士課程 修了
1993年 東京都立大学大学院理学研究科化学専攻博士課程 修了 理学博士 取得
1993年 通産省工業技術院物質工学工業技術研究所 入所
2001年 独立行政法人産業技術総合研究所に改組
2011年 フラウンホーファー研究機構応用固体物理研究所 客員研究員
現在    国立研究開発法人産業技術総合研究所
       先進コーティング技術研究センター 上級主任研究員
専門および得意な分野・研究:
・表面化学修飾
・有機光化学
・炭素材料
・有機合成化学
本テーマ関連学協会での活動:
(一社)ニューダイヤモンドフォーラム理事・副会長

セミナー受講料

1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 近年、基材特性を維持しつつ、表面層に高機能特性を付与する表面改質技術が注目されている。本講演では、表面化学修飾技術の基礎と最新動向とともに、安全かつ簡便な紫外光反応による表面化学修飾ナノコーティング技術を用いたカーボンおよびポリマー材料への各種官能基化技術による表面高機能化、および界面制御技術による材料複合化などについて紹介する。

受講対象・レベル

本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

必要な予備知識

この分野に興味のある方なら、特に予備知識は必要ございません。

習得できる知識

・表面高機能化技術の動向
・表面化学修飾材料のキャラクタリゼーション手法
・官能基化材料の適用事例

セミナープログラム

1. 表面化学修飾技術の基礎と動向
 ・カーボンおよびポリマー材料の表面化学構造
 ・元素別修飾技術
 ・官能基化技術(熱反応、電気化学、カップリング剤処理など)
 ・光化学反応による表面化学修飾技術

2. フッ素官能基化技術
 ・カーボン材料(ダイヤモンド・ダイヤモンドライクカーボン・カーボンナノチューブ)
 ・ポリマー材料(汎用ポリマー・エンジニアリングプラスチック)
 ・撥水撥油性
 ・低摩擦性
 ・生体適合性
 ・官能基化度制御
 ・安定性および薬品耐性
 ・反応機構

3. 酸素官能基化技術
 ・カーボン材料(ダイヤモンド、ダイヤモンドライクカーボン)
 ・親水性
 ・低摩擦性
 ・官能基化度制御
 ・表面酸素官能基の化学構造制御

4. 硫黄官能基化技術
 ・カーボン材料(ダイヤモンド、ダイヤモンドライクカーボン)
 ・ポリマー材料(汎用ポリマー)
 ・自己組織化反応による金属固定
 ・生体分子固定
 ・パターニング
 ・分析応用

5. 窒素官能基化技術
 ・カーボン材料(カーボンナノチューブ)
 ・自己組織化反応による金属ナノ粒子固定
 ・抗菌性

6. 表面化学修飾ナノコーティング技術の適用事例紹介
 ・光学活性官能基化による不斉認識
 ・ナノダイヤモンド粒子MRI造影剤
 ・表面濡れ性制御技術
 ・複合化高機能繊維ロープ
 ・高強度異種材料接合技術