ハイドロゲルの化学的・物性的特性に関する基礎を理解し、
産業応用に向けたアイデア創出を促進できる講義を行います!


丁寧な説明で分かりやすいと評判!

セミナー講師

富山大学 理工学研究部(工学) 准教授  中路 正 先生
■ご略歴:

1998年 4月 富山大学工学部物質生命システム工学科 入学
2002年 3月 同 卒業
2002年 4月 富山大学大学院工学研究科物質生命システム工学専攻 入学
2005年 3月 同 修了
2005年 4月 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻 入学
2007年 4月 京都大学ナノメディシン融合教育ユニット博士課程 入学
2007年 4月 日本学術振興会特別研究員 採用
2008年 3月 京都大学ナノメディシン融合教育ユニット博士課程 修了博士相当(ナノメディシン)取得
2009年 1月 京都大学大学院工学研究科高分子化学専攻 修了博士(工学)取得
2009年 2月 京都大学ナノメディシン融合教育ユニット 特任助教
2010年 4月 京都大学再生医科学研究所 特別研究員
2011年 1月 富山大学先端ライフサイエンス研究拠点 特命助教
2015年 4月 富山大学大学院理工学研究部(工学) 准教授
同大学院生命融合科学教育部(先端ナノバイオ)(兼任)
2018年 7月 オーストラリア連邦科学産業研究機構 (CSIRO) Manufacturing 客員研究員(兼任)
(〜2019年 3月)
現在に至る
■ご専門および得意な分野・研究:
再生医工学、生体高分子化学、ハイドロゲル工学、タンパク質工学、細胞・幹細胞・組織工学
■本テーマ関連学協会でのご活動:
(公社) 高分子学会
(一財) 日本バイオマテリアル学会
日本再生医療学会
日本組織培養学会
Material Research Society (MRS)

セミナー受講料

1名47,400円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

ハイドロゲルの化学的・物性的な特性に関する基礎を理解することで、産業応用に向けてのアイデア創出を促進できるような講義を行います。

受講対象・レベル

・ ゲルを用いた材料開発に従事される方、ご興味がある方
・ 有機・高分子合成を始めたばかりの方から、ある程度研究経験がある方
・ 薬剤やバイオマテリアル開発・研究を考えておられる、従事されている方
・ 環境保全・浄化材料開発・研究を考えておられる、従事されている方
・ その他、ハイドロゲルを何かに応用した材料開発を目指される方

必要な予備知識

・ 高校レベルの化学・物理の知識は必要かと思います。
・ セミナーでは、基礎から話をするつもりですので、ご興味のある方であれば、どなたでも受講していただける講義にしようと考えています。
・ 予備知識を得て受講されたい方は、共立出版・高分子先端材料 One Point、「高分子ゲル」に少し目を通していただいた上で受講いただければ、より深くハイドロゲルについて学べ、材料開発に活かせるような知識の習得につながると想定しています。

習得できる知識

・ ゲルの化学的・物性的な考え方の基礎
・ ハイドロゲルの特性の理解の仕方
・ どのような応用の可能性があるかの例示
・ ハイドロゲルを用いた材料開発の無限の可能性

セミナープログラム

1.ハイドロゲルとは(総論)
 1)ゲルの定義について(高分子に関しても触れます)
 2)ゲルの特性や分類について
  a)構成高分子による分類
  b)架線方式による分類
  c)形態やサイズによる分類
  d)溶媒による分類

2.ハイドロゲルの一般的な合成・設計方法
 1)化学ゲル
  a)特徴
  b)種類・作り方
 2)物理ゲル
  a)特徴
  b)種類・作り方

3。ハイドロゲルの機能化
 1)ゲルの機能化とは何か
 2)これまでに開発・研究されているハイドロゲル
  a)温度応答性高分子を利用したゲル
  b)特異的相互作用を利用したゲル
  c)形態変化するゲル
  d)刺激応答によって変化するゲル
  e)形状記憶ゲル
  f)分子インプリンティングゲル
 3)目的・用途に合わせたゲル設計はどのように考えれば?

4.ハイドロゲルの特性
 1)化学的特性について
 2)物理的特性について
 3)ゲルの構造や物性の評価と解析について(分析手法や得られる知見の解釈など)
  a)内部構造
  b)膨潤率と含水率
  c)力学強度
  d)表面摩擦

5.ハイドロゲルのバイオマテリアルへの応用
 1)生体内で使うことを想定したハイドロゲル材料
  a)細胞移植治療用ハイドロゲル材料を例に挙げて
  b)タンパク質・ペプチド薬剤徐放材料を例に挙げて
  c)眼病予防&治療型コンタクトレンズを例に挙げて
  d)薬剤徐放型創傷被覆材料を例に挙げて
 2)生体外で使うことを想定したハイドロゲル材料
  a)生体に優しい薄層ゲルコーティング材料を例に挙げて
  b)形状記憶能と生体に優しい性質を併せ持つゲル材料を例に挙げて

6.ハイドロゲルの環境保全・浄化材料への応用
 1)防汚性能を有するハイドロゲル設計の研究例を挙げて
 2)気体浄化能を持つハイドロゲル設計の研究例を挙げて

 【本セミナーでは、事前のご質問・ご要望をお待ちしております。】
※事前に「講義を通じて知りたいこと」「現在抱いておられる疑問」「ハイドロゲルを応用してどのようなことがしたいのか」などを送付いただければ、講義中または講義後に回答 させていただきます。
 事前の質問・ご要望の提出方法については、セミナーお申し込み後に届くご案内をご確認ください。
 尚、すべてのご質問にお答えできるとは限りませんので、あらかじめご容赦いただけると幸いです。