シリカ粒子の特性、表面改質と分散技術、その評価

目的の機能を発現させるための、シリカ粒子の

“表面改質” “分散” 技術を徹底的に解説します!


講師


山形大学 学術研究院 システム創成工学分野 教授 博士(工学) 木俣 光正 氏


受講料


1名につき 50,000円(消費税抜、昼食・資料付)
〔1社2名以上同時申込の場合のみ1名につき45,000円〕


プログラム


【講座の趣旨】
 粒子を扱うための基本物性や性質を説明後,まず,シリカ微粒子の液相合成法,気相合成法,粉砕法などについて実際の実験例とともに具体的に概説する。次に,粒子の分散安定化の評価方法について理論を中心にわかりやすく説明した後,積極的にシリカ微粒子へ表面処理する実験の具体例をいくつか示し,様々な状況下に対応した分散・安定化コントロール法を提案する。

1.シリカ粒子の表面改質,コーティングによる高機能化と分散・混合処理 
 1.1 液相反応の攪拌・混合特性
  1) 低粘性流体の混合
  2) 高粘性流体の混合
  3) 小型フラスコスケールの攪拌・混合
  4) 攪拌と微粒子合成の関係
  5) 固体粒子の分散
 1.2 シリカ粒子の表面改質
  1) 界面活性剤,水溶性高分子の吸着
  2) 液相中におけるカップリング剤処理
  3) 気相中における表面疎水化処理
  4) 表面粗さと水に対する接触角
  5) メカノケミカル効果による粒子表面改質
 1.3 コーティングによる表面改質・高機能化
  1) 微粒子へのコーティング方法
  2) 酸化物コーティング
  (3) 金属コーティング
  (4) ポリマーコーティング
  (5) 高機能性粒子

2.シリカの表面物性と分散凝集およびその評価
 2.1 シリカの表面物性
  1) ぬれ,接触角,表面張力
  2) 粒子の接触角測定法
  3) 安息角,かさ密度と流動性
  4) 粒子の付着力,帯電
  5) 気相中の粒子の分散
 2.2 水溶液中のシリカ分散評価
  1) ゼータ電位
  2) 粒子の沈降法
  3) 粒子の堆積挙動
  4) ビーズミルによる分散技術
 2.3 有機溶媒中のシリカ分散特性
  1) 水系と非水系の違い
  2) ゼータ電位
  3) 分散安定化剤
  4) 高分子材料へのシリカ分散

【質疑応答】