英文契約書が楽に読めるようになる「英文契約書の基本表現」マスター入門講座

重要基本表現から英文契約書をマスターする新入門講座メソッド、交渉に必須な基本表現もカバー

セミナー趣旨

本セミナーは、特に重要と思われる基本表現を交渉の対案としての活用を含めて解説していくセミナーです。

基本表現をマスターすることで英文契約書をマスターする講師開発のメソッドを活用します。初学者のご参加を強くお勧めします。


【※ご受講者様には、講師著『英文契約書の基本表現』(日本加除出版)をテキストとして送付致します。
お申し込みの際は、お申込みフォーム内「備考欄」に、書籍ご送付先住所をご記載いただきますようお願いいたします。】

受講対象・レベル

法務部門、総務部門、知的財産部門、海外事業部門など関連部門のご担当者

セミナープログラム

1.あなたも英文契約書の被害者ですか

2.TOEIC 300点から英文契約書へリベンジできるか

3.英文契約書は難しいという先入観を捨てる

4.日本語の契約書と英文契約書の書かれている根本思想の違い

5.効果的に英文契約書を読むため一般的な構成を知る

6.英文契約書のドラフトはどうやって書かれているのか 英文契約書の5文型を押える

7.英文契約書の雛型の入手・管理はどのようにしたらよいか

8.英文契約書の必須基本表現(相手方ドラフトのリスク評価・把握と有利な交渉の対案に必須な表現)

 初めに【ミニ演習】 解釈や意味の違いに注意
 ~①カンマの有無・位置、②単数→複数、③修飾語句の位置

 (1)基本表現 助動詞
     shall/may/should/must/will/can はどのように使うか
 (2)努力義務に関する表現
     best efforts とreasonable effortsの違いは(米系と英系の意味の違い)
 (3)条件に関する表現
     condition subject to to the extent that/ so long as provided, however, that on an as- is basis materialの活用 for internal purpose in consideration of for discussion purpose only
 (4)責任・保証に関する表現
     indemnify/ hold harmless represent and warrant implied warrantyにはどんな種類があるのか?
 (5)法的拘束力に関する表現
     not legally binding, enforceable unenforceable
 (6)具体例の列挙に関する表現
     including without limitation
 (7)権利の法的性質に関する表現
     exclusive, non-exclusive license, sublicense 
 (8)選択権に関する表現
     at one's option, at one's choice, at one's sole discretion
 (9)推定・法的擬制に関する表現
     presume, deemの違いは
 (10)費用負担に関する表現
     at one's own expense, at one's own account
    at no charge, at no costs

 (11)期限・期間・頻度に関する表現
     terminate, expireの違いは prior written notice, cf. prior written consent/approval
 (12)損害の種類に関する表現 損害の違いを正確に把握しよう
     direct, indirectとconsequential damages の違いは
 (13)支払い条件、価格条件lump sum, installments
 (14)保証(warranty)、免責・補償(indemnity)、責任制限(Limitation of Liability)のそれぞれの違いを正確に把握しよう
 (15)同義語・類語の重複 その他の重要表現
     amend, alter, change or modify defectsと malfunctionの違いは substantially similar, same provide, set forth, stipulate, specify, state, define attachment, exhibit, schedule, annex, table proprietary right, title, right, interest
 (16)売主と買主のどちらの約款が優先する?Last Shot Ruleとは何か
 (17)交渉(修正コメント)で使える便利な表現amend it to be mutual, modify it as it is illegal

9.まずは一般条項(General Provisions)をマスターしよう 
 解除権条項、文書間の優先順位、税金負担(国際取引では重要)、弁護士報酬敗訴者負担、分離性、電子署名原本、(合意しなくて良い場合がある?)準拠法・裁判管轄・仲裁のバリエーション、合意時の留意点(exclusive v. non-exclusive jurisdictionの違い、結局どこの国にすべきか?)

10.これから何をすべきか(英文契約書マスターのためのアクションプラン)

11.その他 最新情報
 (1)中国との契約交渉の注意点
 (2)新興国との交渉で先方が採ってくる不合理な交渉方法とそれに対する現実的な対応について


※申込状況により、開催中止となる場合がございます。
※講師・主催者とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。
※録音、録画・撮影・お申込者以外のご視聴はご遠慮ください。

セミナー講師

芝綜合法律事務所 弁護士・米国弁護士・弁理士 牧野 和夫 氏

早稲田大学、琉球大学法科大学院、関西学院大学商学部・法学部、同志社大学商学部の各兼任講師。早大法卒、ジョージタウン大ロースクール法学修士、General Motors Institute 優等修了、ハーバードロースクール交渉戦略プログラム修了。いすゞ自動車法務部課長(審議役)、アップルコンピュータ法務部長、クレディスイス生命保険法務部長、内閣司法制度改革推進本部法曹養成検討会委員(新司法試験・法科大学院制度設計)、国士舘大学法学部教授、大宮法科大学院大学教授、一橋大学法科大学院講師等を歴任。専門は法律・知的財産・IT・海外法務・M&A・人工知能・自動運転・創薬等。著書に「初めての人のための英文契約書の実務」(中央経済社)など多数。

セミナー受講料

会員 35,200円(本体 32,000円)

一般 38,500円(本体 35,000円)

※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(所属先の会員登録有無がわからない場合、
お申込みの際に備考欄へ「会員登録確認希望」とご記入ください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

受講について

【本セミナーはZoomを利用して開催いたします】

  • 視聴用アカウント・セミナー資料は、原則として開催1営業日前までにメールでお送りいたします。※最新事例を用いて作成する等の理由により、資料送付が直前になる場合がございます。
  • ネットワーク環境により(社内のセキュリティ制限等)ご視聴いただけない場合がございます。
    事前に「動作確認ページ」より動作確認をお願いいたします。

関連記事

もっと見る