カーボンナノチューブ(CNT)の分散と評価および利用技術

ゴム、樹脂の複合化/導電性と熱伝導性向上/耐熱性向上/電磁波遮蔽材料

~CNTの分散・分配・材料設計から利用技術や最新動向まで~ 

セミナー趣旨

 カーボンナノチューブ(CNT)の機能を引き出すためには、CNTの分散やマトリクス中への分配が重要になります。本講演ではCNTの分散や分配の基本的な考え方や、材料設計の手法について紹介します。また、CNTの応用が期待される用途や、CNTの最新の研究などについても紹介を行います。CNTを一度使って見たけど全く機能が出なかった、使えない、と思われている方にもぜひご参加をいただければと思います。CNTのユニークな特徴を生かして、自社のものづくりに生かしていただければと思います。

習得できる知識

・カーボンナノチューブの用途展開
・用途に適したカーボンナノチューブの分散
・ゴム、樹脂へのカーボンナノチューブの複合化
・カーボンナノチューブ複合材料の用途例
・Fraunhoferにおけるカーボンナノチューブの用途開発

セミナープログラム

1.カーボンナノチューブCNTとはなにか?
 1-1.CNTのもつ特徴
 1-2.CNTの世界生産量
 1-3.CNTの合成方法および比較

2.CNTを使いこなす:分散と分配
 2-1.分散手法による影響
 2-2.溶解度パラメーターによる設計指針
 2-3.マトリクス粘度の影響
 2-4.水への分散
 2-5.混ざらないときにはどうするか?

3.CNTの用途例
 3-1. 導電性と熱伝導性の改善
 3-2. CNTによる耐熱性向上
 3-3. 電磁波遮蔽材料としてのCNT
 3-4.その他アプリケーション

4.まとめ


CNT,分散,分配,溶解度パラメーター,粘度,樹脂,複合化,熱伝導,耐熱性,セミナー

セミナー講師

(国研)産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門 主任研究員 博士(工学)阿多 誠介 氏

<その他関連学協会での役職など>
・成形加工学会 ナノセルロース・ナノカーボン専門委員会幹事
・Dept. of Functional Materials, Fraunhofer IPA, Stuttgart, Germany(2019−2020)
・立教大学客員教授(理学部、2018−2020)

セミナー受講料

49,500円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合44,000円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
  • 受講にはWindowsPCを推奨しております。
    タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

関連記事

もっと見る