~測定時の注意事項とスペクトルの見方,高分子材料の解析~ 

※日程が変更になりました。3/8⇒3/9

セミナー趣旨

 核磁気共鳴法(NMR法)は,今日では誰でも名前は知っていますが,測定されたスペクトルから物性との関連性を議論する,官能基を帰属するという流れを系統的に学習する機会は,大学においても少なくなってきているように思います.そこで,本講演では,主に固体NMR法がもつ特徴を理解し,分子レベルの磁気共鳴現象と物性との関連性に関して,基礎から応用まで,測定についての注意点や解析方法について学ぶことを目的とします.
 最初に,溶液1Hおよび13C NMR法の基礎原理と測定時の設定パラメータについて説明します.溶液NMRスペクトルの見方を理解し,帰属する簡単な流れについて説明した後,主に固体13C NMR法の基礎と測定法について講演します.溶液NMR法との違いと固体NMR法の特徴を理解し,固体NMRスペクトルの特徴や見方を学びます.応用面として,主に高分子材料の相溶性解析を中心としたモルフォロジー解析や,NMR法の特徴の1つである緩和時間から求める分子運動性解析について理解を深めていただきます.

習得できる知識

・溶液NMR法の基礎原理と測定,設定するパラメータの意味.
・溶液NMRスペクトルと固体NMRスペクトルの違い.
・固体NMR法の理論的な基礎と測定時の注意点,パラメータの設定法.
・固体NMRの応用(ポリマーブレンドの相溶性解析を中心にしたモルフォロジー解析)

セミナープログラム

1.溶液NMRの基礎と測定法
 1-1.NMRの原理,測定の基礎
  1-1-1.核磁気共鳴の信号って何?
  1-1-2.チューニング,ロック,シム
  1-1-3.パルスの長さ,取り込み時間どうやって決める?
  1-1-3.FIDからスペクトルへ
 1-2.化学シフトとスピン結合
 1-3.試料調整の注意
 1-4.溶液NMRスペクトルの帰属

2.固体高分解能13CNMR法の基礎,測定,特徴
 2-1.溶液NMRとの違いって何?
 2-2.CPMAS?DPMAS?
 2-3.CPMASスペクトルを測定する
  2-3-1.チューニング,ロック,シム
  2-3-2.MAS角の調整
  2-3-3.90ºパルスとCPの調整
  2-3-4.CPの長さとMASの速さの設定とスペクトルに影響する数値
  2-3-5.温度校正
 2-4.緩和時間と1Hスピン拡散(測定法と注意点)
 2-5.固体NMRスペクトルの特徴と帰属

3.高分子・複合材料の解析例
 3-1.高分子の溶液NMRスペクトル
 3-2.高分子材料の固体13CNMR解析
  3-2-1.相溶性解析
  3-2-2.相溶性と分子運動、熱安定性、相互作用
  3-2-3.結晶相のスペクトル分離
  3-2-4.結晶相の構造変化,大きさ
  3-2-5.結晶多形
  3-2-6.静止状態とMAS状態の13CNMR解析
 3-3.水溶性エポキシ樹脂の反応過程(1HMASNMR)

4.まとめ


スケジュール
昼食の休憩時間12:00~12:45を予定しております。
※進行によって、多少前後する可能性がございます。
※質問は随時チャット形式で受け付けます。また音声でも可能です。


NMR,13C,パラメータ,スペクトル,メカニズム,相溶性,解析,高分子,観察,セミナー

セミナー講師

防衛大学校 応用化学群 応用化学科 教授 浅野 敦志 氏
 

 <専門> 高分子構造、固体NMR
 <略歴など>
 2021年~:日本核磁気共鳴学会 理事
 2011年〜 : 固体NMR・材料フォーラム運営委員

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
  • 受講にはWindowsPCを推奨しております。
    タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

関連記事

もっと見る
  • 2分でわかるイオン交換樹脂の基礎

      地下水のようなイオンを含んだ水を陰イオン交換樹脂と陽イオン交換樹脂に通すと、水の中の両イオンは、イオン交換樹脂によって除去され、イオン...
  • 押出成形とは

      今回は、断面が一定の形をしたプラスチック成型品を連続的に成形する押出成形の概要を解説します。   1.押出成形とは &...