サプライチェーン排出量の算定、可視化へ向けて、スコープ3が必要とされる理由、実際の算定方法、実践していく上でのポイントを解説

セミナー趣旨

近年,国内外において,組織のサプライチェーンを通した環境負荷(温室効果ガスなど)を算定および公表することが求められています。その算定は,ライフサイクルアセスメント(LCA)の考え方が基本になります。本セミナーでは,なぜサプライチェーン排出量の算定が必要とされているのか,その社会的意義を解説します。さらに,LCAの核となるインベントリ分析の基礎を学んだ上で,それに基づくサプライチェーン排出量,特にスコープ3の算定方法について,例題を通して学びます。

習得できる知識

・LCAとサプライチェーン排出量の社会的意義
・LCAとサプライチェーン排出量に関わる国内外の動向
・LCAのインベントリ分析の基礎
・サプライチェーン排出量(スコープ3)の算定方法

セミナープログラム

1.LCAとサプライチェーン排出量の概要
 1.1 脱炭素社会に向けたLCAの意義
 1.2 LCAの枠組みと定義
 1.3 環境フットプリント
 1.4 組織レベルのLCAとスコープ3

2.インベントリ分析の概要
 2.1 機能単位とシステム境界
 2.2 積上げ法と環境産業連関分析
 2.3 配分とシステム拡張
 2.4 リサイクルの評価方法

3.サプライチェーン排出量の算定
 3.1 スコープ3の実践方法
 3.2 環境負荷原単位のデータベース
 3.3 サプライチェーン排出量の算定事例
 3.4 スコープ3算定の例題

【質疑応答】

セミナー講師

東京大学 都市工学専攻 講師 博士(工学) 中谷 隼 氏

セミナー受講料

1名につき49,500円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき44,000円(税込)〕

受講について

  • 本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
  • 下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
     → https://zoom.us/test
  • 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
    セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
    Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。
  • パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
  • セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
    お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。
  • 当日は講師への質問をすることができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、
    録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。
    部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

関連記事

もっと見る