プラスチック射出成形金型の基礎を解説!

プラスチック製品金型の設計・製作を専門とする経験豊富な講師が、図や動画を見せながらわかりやすく解説します。

セミナー趣旨

近年、短納期化・低コスト化の流れを受け、効率化・分業化の流れが加速する中で、金型技術を伝える方法に関して、未だに昔ながらの「見て覚えろ」から脱却できず、真の意味での金型技術者が育っていません。

そのうえ、一般的な金型入門書においても金型のことについては詳しく説明してあるものの、初心者にとっては分かり辛い内容や、金型のことに固執しすぎて「金型とは成形品を作るための道具である」といった根本的な内容を忘れているものも少なくありません。

このままでは、ベテランからの技術承継が進まず、若手技術者が育たないため「技術力の低下」、「生産性の低下」、「品質不良」といった問題や課題が発生するでしょう。何事もまずは「基礎が大切」ですが、その基礎教育が不足しているのです。

そこで、当センターでは、射出成形金型の基礎を解説するセミナーを開催いたします。

プラスチック製品金型の設計・製作を専門とする経験豊富な講師が、図や動画を見せながらわかりやすく解説します。基礎講座ですので、新人・若手の教育にご活用ください。

受講対象・レベル

  • 射出成形の製造や品質管理に関わる方
  • 金型メーカーや金型部門の初心者(新入社員の研修として)
  • 金型メーカーや金型部門を持つ会社のバックオフィスの方

セミナープログラム

  1. 金型の基礎知識
    1. 金型とは何か?
    2. 金型の種類
    3. 金型の構成部品
  2. 真の金型技術者を目指そう
    1. 金型
    2. 射出成形
    3. プラスチック
  3. 射出成形金型の作り方 その1
    1. 抜き勾配とパーティングライン
    2. アンダーカットの処理方法
    3. 肉厚設定を考える
    4. 金型強度を考える
    5. 収縮率の設定
  4. 射出成形金型の作り方 その2
    1. 射出成形機の選択
    2. ゲートの形状とランナーのレイアウト
    3. 冷却管の配置
    4. 突き出し位置
    5. 樹脂流動解析
  5. 射出成形金型の作り方 その3
    1. 基本は“削り”で作られる
    2. 特殊な形状は放電加工
    3. 手仕上げ
  6. 試作成形のチェック項目

セミナー講師

天野 克久 氏
株式会社アイシム 代表取締役

セミナー受講料

33,000円(消費税込)


関連記事

もっと見る