プラスチックに関する仕事に初めて取組む方に、樹脂材料と射出成型を『基本の基本』から解説
プラスチックの理論とその本質を、まるで小さくなって分子を見てきたように理解!


『そもそもプラスチックって何?』
ミミズの話に例えて、プラスチック材料の本質をわかりやすく説明

『どんな種類がある?』『それぞれの性質は?』『成形のポイントは?』
仕事ですぐ使えるプラスチックの知識を身につけよう!

セミナー講師

鷲尾 裕之 氏 特許戦略コンサルタント / ポリマー技術コンサルタント

【講師経歴】
 1988年、日本大学 生産工学部 工業化学科 卒業後にリケンテクノス㈱入社。同社にて、材料開発6年、分析研究5年手がけた後、知的財産部に15年間在籍。知的財産部では特許戦略を担当し、特許出願約300件、中間処理約200件を経験。同社在職中の2009年、日本大学法学部法律学科卒業。2015年にリケンテクノス㈱を退職。2019年3月より現職。
 長年の知的財産経験を活かしてセミナー講師としても活動中。豊富な特許実務経験を持ち、研究実務にも精通している講師として登壇したセミナーは好評を博している。元東洋大学 知的財産法 非常勤講師。
【活 動】
 
プラスチックコンパウンドコンサルタント、セミナー講師として活躍中。

セミナー受講料

16,500円(税込)

受講について

【このセミナーはオンデマンドセミナーです】
ネット環境さえあれば、お好きな場所、お好きな時間に、何度でも受講できます!

  • 受講開始日より2週間、繰り返して視聴できます。
  • タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
  • 本プログラムで配布できるセミナー資料はございません。ご了解ください。

セミナー趣旨

 突然の人事異動や新事業への赴任で、これまでほとんど経験がなかった方が全く未経験の領域での知識を求められることがあります。

  • 文系出身の営業職だが、扱う製品の関係でプラスチックを知りたい。
  • 研究テーマがプラスチックになったが、専門外であった。
  • これまで化学は苦手で専門外であったが、仕事で知識が必要になった。

今回は特にプラスチックの分野でそうした境遇に置かれた方を対象に、プラスチック工業で約30年の経験がある講師が、ミミズの話に例えてプラスチック材料の基本と本質をわかりやすく説明していきます。

受講対象・レベル

  • 門外漢だがプラスチックの基礎知識が必要な方
  • 営業部門、事業部門、法務部、品質保証部、異動者、新入社員など

習得できる知識

  • 本質的な、プラスチックの理論をまるで小さくなって分子を見てきたように議論できる。
  • 仕事ですぐ使えるプラスチックの知識が身につく。

セミナープログラム

はじめに
 なぜ、売られているプラスチック成形品は不具合がないのか?

1.プラスチックとは?

  • プラスチックの塊をどう見ますか?
  • ミミズの集団の内訳
  • ミミズの個性に着目
  • モノマーとポリマー

2.プラスチックの種類とその性質

  • 熱可塑性樹脂とは
  • 熱可塑性エラストマーとは
  • 結晶性樹脂とは
  • 非晶性樹脂とは
  • 汎用樹脂
  • エンジニアリングプラスチック

3.プラスチックの性質

  • ガラス転移温度とは
  • 融点とは
  • 分子量とは

4.プラスチック成型入門 

  • 溶かし、流し、固める
  • 成形収縮
  • 溶融粘度
  • 射出成形機
  • 射出成形機の構造とその動き
  • 射出時におけるプラスチック溶融体の挙動
  • 冷却によるプラスチック溶融体の挙動
  • 成形不良とその原因・対策