リチウムイオン電池の主材料選定など
基礎から世界市場動向まで解説

セミナー講師

小澤 和典 氏 ㈱オザワエナックス 代表取締役
【講師経歴】
 1967年 東京大学物理工学科卒業
 1972年 米国ペンシルバニア大学 金属工学修士課程 卒業
 1982年 東北大学工学博士学位授与<鉄及びコバルトの斜め蒸着膜の構造と磁気特性に係る研究>
 1967年 ソニー㈱入社 超音波遅延線、フェライト単結晶、磁気ヘッド、磁気テープ、蒸着テープ、ハードディスク、リチウムイオン二次電池等の開発及び生産技術を担当。戦略本部部長、電池事業本部本部長
 1991年 リチウムイオン2次電池の実用化(世界初)
 1996年 ソニー㈱退社、エナックス㈱設立
 2014年 エナックス㈱退社
 2014年 ㈱オザワエナックス設立 現在に至る

【受賞】
 1994年 電気化学協会論文賞(日本)
 1994年 Electrochemical Society Technology Award(USA)
 2004年 東京都ベンチャー技術大賞(東京都都知事賞)
 2006年 IBA Technology Award(USA)
 2010年 ダイヤモンド社ベストマネージメント賞
 2011年 平成23年度 知財功労賞(特許庁長官賞)
 2015年 東久邇宮文化褒賞

【その他】
 1985年 東北大学工学部非常勤講師
 2011年 系統連携円滑化蓄電システム技術開発(NEDO委託研究 LS0006)
 応用物理学会終身会員

【書 籍】
 “Lithium Ion Rechargeable Batteries” Edited by Kazunori Ozawa, Wiley-VCH(2009)
 「世界のリチウムイオン電池産業と市場動向」シーエムシー・リサーチ(2015)、他多数

セミナー受講料

44,000円 + 税※ 資料付
* メルマガ登録者は 40,000円 + 税
* アカデミック価格は 24,000円 + 税

★ アカデミック価格
 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を
有する大学、大学院の教員、学生に限ります。申込みフォームに
所属大学・大学院を記入のうえ、備考欄に「アカデミック価格希望」と
記入してください。
★メルマガ会員特典
 CMCリサーチメルマガ会員登録をされていない方で登録をご希望の方は、
申込みフォームの備考欄に「会員登録希望」とご記入ください。
セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
今回の受講料より会員価格を適用いたします。
 2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、
2人目は無料(1名価格で2名まで参加可能)、3人目以降はメルマガ価格の半額です。

セミナー趣旨

 ソニーが世界発のリチウムイオン電池の開発、製造、販売に成功したのは1991年であった。その際の中心になった講師の論文が本年1月中旬にドイツで開催された国際会議で再度取り上げられ高い評価を受けた。電池構造、電解液、電池内部の反応等現在でもなんら変わることのない内容となっている。その本人がリチウムイオンの基礎から世界市場動向までを解説し、日本の電池事業にさらなる発展の指針となることを期待する。

受講対象・レベル

 ① 電池の研究者、開発者、製造担当者
 ② 電池戦略の担当者
 ③ マーケットリサーチ担当者

習得できる知識

 リチウムイオン電池の実用的主材料と選定:正極、負極、電解液、セパレーターの4種類。製造のノウハウ。EVを中心とした世界のビズネス動向

セミナープログラム

1. リチウムイオン電池の基礎
2. リチウムイオン電池の現実的主材料と選定:
  正極活物質、負極材料、電解液、セパレーター
3. その他の重要材料:
  Al箔、銅箔、バインダー、導電助材、缶、ラミネートフィルム、 正極リード、負極リード、シーラント材
4. 性能向上の重要な製造ノーハウ:
  ミキシング、塗布、プレス、スリット、組み立て、エージング
5. EVの世界動向:
  需要予測、パック技術、安全性、 一致性
6. 設計大国へ