UAE・サウジアラビアにおける食品・化粧品の市場・規制と具体的な事業進出のポイント

欧米や東南アジアに比べて圧倒的に情報不足の中東の
食品・化粧品市場(UAE・サウジアラビア)最新事情!
登録制度・商慣習・ハラール認証など分かりやすく解説!
日系企業進出時の「よくある間違い/勘違い」とは?

セミナー講師

株式会社KSNコーポレーション
執行役員 コンサルティング事業部長
石橋 哲也 先生
■経歴
2009年6月  Imperial College London 理学部数学科卒(Bachelor of Science)
2009年10月  株式会社野村総合研究所 入社
2017年3月  株式会社野村総合研究所 退社
2017年4月  株式会社KSNコーポレーション 入社
現在  株式会社KSNコーポレーション 執行役員 コンサルティング事業部長
■専門および得意な分野・研究
株式会社野村総合研究所入社後、消費財メーカーや製造業全般のクライアントを対象に、海外調査、海外事業戦略立案、クロスボーダーM&Aのアドバイザリー業務、買収後の経営統合支援等のリサーチ・コンサルティングプロジェクトに多数参画。
KSNコーポレーション入社後はUAEオフィスにて半駐在を1年間経験した後、東京オフィス勤務。数多くのリサーチ・コンサル案件のプロジェクトリーダーを務め、UAEを含めた中東諸国のマーケット環境について熟知している。

セミナー受講料

1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 本講座においては、欧米や東南アジアと比較すると相対的に市場情報が不足している中東市場の概要を説明するとともに、特に経済的に発展しているUAEとGCC諸国内において最大の経済規模を誇るサウジアラビアにおける食品・化粧品市場の規制・市場状況・他の外資系企業の進出動向等を説明し、中東において日系企業が有する食品・化粧品といった商材がどういった形で市場に参入可能かを解説する。
 また、現地において事業を展開するうえで重要となる外資規制や、代理店保護法、その他商慣習に関する留意点についても、当社の具体例を交えて解説する。

習得できる知識

・中東市場に関する基礎的なマクロ経済に関する知見
・日系企業が良く陥る中東市場における勘違い
・UAE・サウジアラビアにおける食品・化粧品市場に関する知見
・UAE・サウジアラビアにおける食品・化粧品市場における外資規制とその対応方法
・UAE・サウジアラビアへ食品・化粧品を輸出する際の具体的な手法

セミナープログラム

1. 中東市場の概要
 1.1 中東市場の特徴(経済規模、人口規模等のマクロ経済)
 1.2 中東市場における事業機会
 1.3 他社の進出状況
 1.4 中東地域において日系企業が陥りがちな間違い/勘違いについて

2. UAEにおける食品・化粧品市場の概要
 2.1 食品市場
   2.1.1 食品市場規模(品目別輸入量・額等のマクロ情報、小売店等のミクロ情報)
   2.1.2 食品市場に関するトレンド
   2.1.3 食品に関する規制(輸入規制、登録制度、ハラール認証等)
   2.1.4 食品輸入に関する実務上の課題
 2.2 化粧品市場
   2.2.1 化粧品市場規模(品目別輸入量・額等のマクロ情報、小売店等のミクロ情報)
   2.2.2 化粧品に関するトレンド
   2.2.3 化粧品に関する規制(輸入規制、登録制度、ハラール認証等)
   2.2.4 化粧品輸入に関する実務上の課題

3. サウジアラビアにおける食品・化粧品市場の概要
 3.1 食品市場
   3.1.1 食品市場規模(品目別輸入量・額等のマクロ情報、小売店等のミクロ情報)
   3.1.2 食品市場に関するトレンド
   3.1.3 食品に関する規制(輸入規制、登録制度、ハラール認証等)
   3.1.4 食品輸入に関する実務上の課題
 3.2 化粧品市場
   3.2.1 化粧品市場規模(品目別輸入量・額等のマクロ情報、小売店等のミクロ情報)
   3.2.2 化粧品に関するトレンド
   3.2.3 化粧品に関する規制(輸入規制、登録制度、ハラール認証等)
   3.2.4 化粧品輸入に関する実務上の課題

■講演中のキーワード
・中東
・UAE
・サウジアラビア
・(食品・化粧品)輸出
・ドバイ