電気化学センサーならびに
CO2還元による有用物質合成についてお話しします。

セミナー講師

栄長 泰明 氏  慶應義塾大学 理工学部 化学科 教授

セミナー受講料

44,000円(税込)  

* 資料付
*メルマガ登録者39,600円(税込)
*アカデミック価格26,400円(税込)

★メルマガ会員特典
2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、
1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。

★ アカデミック価格
学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、
大学院の教員、学生に限ります。申込みフォームに所属大学・大学院を記入のうえ、
備考欄に「アカデミック価格希望」と記入してください。

受講について

  • 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
    お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
     → https://zoom.us/test
  • 当日はリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
  • お手元のPC等にカメラ、マイク等がなくてもご視聴いただけます。この場合、音声での質問はできませんが、チャット機能、Q&A機能はご利用いただけます。
  • ただし、セミナー中の質問形式や講師との個別のやり取りは講師の判断によります。ご了承ください。
  • 「Zoom」についてはこちらをご参照ください。

■ お申し込み後の流れ

  • 開催前日までに、ウェビナー事前登録用のメールをお送りいたします。お手数ですがお名前とメールアドレスのご登録をお願いいたします。
  • 事前登録完了後、ウェビナー参加用URLをお送りいたします。
  • セミナー開催日時に、参加用URLよりログインいただき、ご視聴ください。
  • 講師に了解を得た場合には資料をPDFで配布いたしますが、参加者のみのご利用に限定いたします。他の方への転送、WEBへの掲載などは固く禁じます。
  • 資料を冊子で配布する場合は、事前にご登録のご住所に発送いたします。開催日時に間に合わない場合には、後日お送りするなどの方法で対応いたします。

セミナー趣旨

 ホウ素を高濃度にドープした導電性ダイヤモンド(ダイヤモンド電極)は、優れた電気化学特性をもち、次世代の電極材料として期待されている。我々はこれまで、ダイヤモンド電極を用いて、主に生体関連物質・環境汚染物質等の微量分析にむけて、その基礎的な評価を行ってきたが、電気化学センサーとしての実用化は視野に入りつつある。さらに近年、それにとどまらず、生体内での薬物動態のリアルタイム測定などへも展開している。一方で、電位窓が広い、残余電流が小さいといった特性はもちろん、きわめてすぐれた耐久性、活性種を効率的に生成できる特性に注目したときに、近年新しい応用展開が期待されつつある。本セミナーでは、電気化学センサーとしての展開に加え、新しい有機電解合成法としての利用法、特に CO2還元による有用物質生成用の電極としての機能などについて、最近の展開を紹介する。

受講対象・レベル

特に限定いたしません。どなたでも歓迎です。

習得できる知識

ダイヤモンド電極研究開発の現状、ダイヤモンド電極の応用展開、カーボンリサイクルに向けたCO2還元の現状

セミナープログラム

1、材料としてのダイヤモンド
 1)ダイヤモンド材料の特徴・応用例
 2)ダイヤモンドの人工合成法
  
2、ダイヤモンド電極
 1)ホウ素ドープダイヤモンド
 2)ダイヤモンド電極の作製法
 3)ダイヤモンド電極の電気化学特性
 4)ダイヤモンド電極の応用例
  
3、環境物質センサーへの応用
 1)有効塩素(残留塩素)
 2)重金属
 3)その他
  
4、生体関連物質センサーへの応用
 1)尿酸
 2)シュウ酸
 3)グルコース
 4)その他
  
5、生体内物質計測への応用
 1)脳内ドーパミン測定
 2)組織内グルタチオン測定
 3)胃内pH測定
 4)薬物動態のリアルタイム測定
 5)その他
  
6、その他センサー応用
 1)ウイルス測定
 2)pH測定
  
7、水処理、汚水浄化への応用
 1)ダイヤモンド電極での活性種の生成
 2)有機物分解
 3)ダイヤモンド電極腐食の問題とその解決法
 4)難分解性物質の分解
  
8、有機電解合成への応用
 1)有機電解合成とその背景
 2)ダイヤモンド電極の特異性
 3)創薬・化学品合成への応用
  
9、CO2還元による有用物質合成への応用
 1)ホルムアルデヒド生成
 2)電解効率100%のギ酸生成
 3)C2/C3化合物生成の試み
 4)カーボンリサイクルに向けた最近の取り組み
  
10、オゾン水
 1)オゾン水生成
 2)オゾン水濃度計測
  
11、ダイヤモンド電極の基礎評価
 1)電極特性を決定する要因
 2)応用用途にふさわしいダイヤモンド電極のデザイン
 3)電極界面制御
 4)全反射測定赤外分光法による電極界面のその場観測
 5)電極界面反応に関する理論計算
  
12、将来展望


※ 適宜休憩が入ります。