新興国(中国・ASEAN主要国)の医療保険・薬価制度の概要と薬価戦略【LIVE配信】

目覚ましい成長の国々の医薬品市場規模と市場構造、
薬価制度と保険償還システムについて最新動向を解説!

~中国/インドネシア/フィリピン/ベトナム/タイ~

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

セミナー講師

(有)オフィス・メディサーチ 代表 中小企業診断士 松原喜代吉 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

受講について

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • 「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、
    Zoom をダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  • お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
    一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
    LIVE配信のみのセミナーです。
  • お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
    「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
  • 後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  • セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料はPDFデータで配布します。紙の資料配布はございません。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
    個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの
    権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

セミナー趣旨

中国及びASEAN諸国(インドネシア・フィリピン・ベトナム・タイ)の医療保険・薬価制度の概要と薬価戦略のポイントについて、最近の制度改正の内容等も交えながら分かりやすく解説する。

セミナープログラム

 1.中国
  ・医療保険制度~都市従業員基本医療保険制度と都市・農村部基本医療保険制度
  ・保険給付システム
  ・医療提供体制
  ・医薬品市場規模と市場構造
  ・薬剤の保険償還制度
    ~保険償還薬甲リスト・乙リストと収載プロセス、国家基本薬物目録~
  ・薬価制度と薬価設定の実際
    ~新薬・GEの薬価算定方法、上限販売価格登録から
       公定薬価設定までの流れ、薬価改定の動向、薬価水準など~
  ・医薬品集中入札制度 
  ・最新の動向
    ~公定薬価制度から自由価格制度への移行、承認審査の加速化、
      医薬品流通の両票制の導入、政府と製薬企業による価格交渉の動向、
                  「帯量採購」制度の導入など~
 2.インドネシア
  ・医療保険制度
    ~様々な公的医療保険(ASKES,JAMSOSTEK,JAMKESMASなど)と
        BPJS Health設置による統一医療保険制度(SJSN)の開始~
  ・保険給付システム
  ・医療提供体制
  ・医薬品市場規模と市場構造
  ・薬価制度と保険償還システム
    ~国家医薬品リストFORNAS,政府のOGBリスト,価格規制,薬価水準など~
  ・輸入薬の承認・登録等に関する規定、海外からの直接投資枠の制限
  ・最近の動向~社会保障制度改革への政府の対応など~
 3.フィリピン
  ・医療保険制度~公的医療保険フィルヘルス~
  ・保険給付システム・医療提供体制
  ・医薬品市場規模と市場構造
  ・薬価制度と保険償還システム
    ~国家必須医薬品リスト,価格規制,薬価水準など~
  ・政府による医薬品の並行輸入実施
  ・最近の動向~2019年2月成立のユニバーサルヘルスケア法など~
 4.ベトナム
  ・医療保険制度~強制加入型の社会医療保険SHIと民間保険~
  ・保険給付システム
  ・医療提供体制
  ・医薬品市場規模と市場構造
  ・薬価制度と保険償還システム
    ~SHIのポジティブリスト(National Drug List)
           ,必須医薬品リスト,価格規制,薬価水準など~
  ・医薬品の国内での流通制限について
  ・最近の動向
    ~政府の「医薬品国内生産重視」政策、2017年1月施行の薬事法改正など~
 5.タイ
  ・医療保険制度
    ~3つの公的医療保険(公務員医療給付制度,社会保険制度,国民医療保障制度)~
  ・保険給付システム
  ・医療提供体制
  ・医薬品市場規模と市場構造
  ・薬価制度と保険償還システム
    ~国家必須医薬品リスト,HITAPによる薬剤経済評価,価格規制,薬価水準など~
  ・特許薬に対する強制実施権の発動
  ・最近の動向~2019年10月施行の薬事法改正など~
 6.まとめ
  ・中国及びASEAN諸国の市場特性と留意点
  ・薬価戦略のポイント


キーワード
中国,インドネシア,フィリピン,ベトナム,タイ,薬価,医療制度,セミナー,Web,LIVE