モバイルキャリアにおける
MECとAIエッジの適用可能性について、
ドコモの取り組みを紹介!


■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2日以降)
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

セミナー講師

遠藤 英輔(えんどう えいすけ) 氏 : 株式会社NTTドコモ ネットワーク開発部 ネットワークアーキテクチャ担当部長

1999年 NTT移動通信網(株)(現(株)NTTドコモ)入社。以来、ドコモのコアネットワーク、サービス基盤システムのソフトウェア開発業務、IoTに関する受託開発案件のプロジェクトマネジメント、および5G導入に関する戦略業務に従事。2019年7月に現職に着任。ネットワーク開発部 ネットワークアーキテクチャ担当にてB2B2X事業に向けた5Gネットワークの研究開発を担当。

セミナー受講料

1名につき 33,330円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)


本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます。
申込の際、備考欄に「会場受講」「ライブ配信」「アーカイブ配信」のいずれかをご記入ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを
前日までにお送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より2日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

セミナー趣旨

ドコモでは2020年3月より5Gサービスを開始し、新産業創出のキーテクノロジーとして これまでの構想段階から現実的な事業への取組み段階にマイグレーションを図っている。
そうした中、今後のIoT、CPSの普及に伴い、膨大な数の端末制御が必要な領域では、すべてのデータをクラウドで処理すると負荷が膨大になり、また遅延時間も無視できなくなることが課題とされている。
エッジでの効率的な処理が求められる状況において、モバイルキャリアにおけるMECとAIエッジの適用可能性について、ドコモの取り組みを紹介する。

セミナープログラム

1.ドコモの5Gにおける取組み
2.5G時代のネットワーク
3.エッジに対する取り組み①
  ~MEC(ドコモオープンイノベーションクラウド、およびクラウドダイレクト)~
4.エッジに対する取り組み②
  ~エッジAI基盤(EDGEMATRIXとの取組み)~
5.今後の展望 ~CPS構想~
6.質疑応答