運転をより効率的、より快適、より安全にするために!
単独のセンシングを補間するセンサフュージョン技術を、
画像処理技術と関連しながら解説

セミナー講師

伊東敏夫(いとうとしお) 氏
芝浦工業大学 システム理工学部 機械制御システム学科 運転支援システム研究室 教授(博士(工学))

<経歴>
  1982年、神戸大学工学部システム工学科卒、同年、ダイハツ工業(株)入社。
以来、カーエレクトロニクスの研究開発に従事し、各種運転支援システムを開発。社外活動として、ISO/TC204/WG14(走行制御システム)の日本代表を15年間担当。
2013年、ダイハツ工業(株)を定年退職し、芝浦工業大学に着任、運転支援システム研究室を開設し、現在に至る。

 1993年、システム制御情報学会椹木記念論文賞受賞
 2010年、自動車技術会フェロー認定

セミナー受講料

お1人様受講の場合 46,000円[税別]/1名
1口でお申込の場合 56,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)

受講について

  • 本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。
  • インターネット経由でのライブ中継ため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。
  • 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

セミナー趣旨

  運転支援システムから更に発展した自動運転を迎えるにあたり、走行環境を認識するためのセンシング技術は、より高い性能が求められ、ますます重要になります。
 本セミナーでは、単独のセンシングを補間するセンサフュージョン技術を、画像処理技術と関連しながら解説します。

セミナープログラム

 1 自動運転に必要なセンシング技術

 2 各センシング技術の特徴
  2.1 電波レーダ
  2.2 レーザレーダ
  2.3 単眼カメラ画像処理
  2.4 ステレオカメラ画像処理

 3 各センシング技術の組み合わせ
  3.1 電波レーダと単眼カメラ
  3.2 レーザレーダと単眼カメラ
  3.3 電波レーダとステレオカメラ
  3.4 電波レーダとレーザレーダ

 4 センサフュージョン技術
  4.1 複合型センサフュージョン
  4.2 統合型センサフュージョン
  4.3 融合型センサフュージョン
  4.4 連合型センサフュージョン

 5 今後の動向