制振、防振、吸音、遮音材料の評価法、特性、
材料設計の手法について解説!

セミナー講師

赤坂 修一 氏  東京工業大学 物質理工学院 材料系 助教

【講師経歴】
 1999-2002 横浜ゴム(株)
 2002-2005 東京工業大学大学院 理工学研究科 物質科学専攻 博士後期課程
 2005-2008 東京工業大学大学院 理工学研究科 研究員
 2008-2016 東京工業大学大学院 理工学研究科 物質科学専攻 助教
 2016-現在 東京工業大学 物質理工学院 材料系 助教(現職)
【主な学会活動】
 ① 日本ゴム協会 関東支部 副支部長、② 制振工学研究会 材料技術分科会 主査、③ 制振工学研究会 振動音響解析ワーキンググループ 主査、④ 繊維学会 ナノファイバー技術戦略研究会 幹事

セミナー受講料

50,000円 + 税    ※ 資料・昼食付
* メルマガ登録者は 45,000円 + 税
* アカデミック価格は 24,000円 + 税

★ アカデミック価格
 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を
有する大学、大学院の教員、学生に限ります。申込みフォームに
所属大学・大学院を記入のうえ、備考欄に「アカデミック価格希望」と
記入してください。

★メルマガ会員特典
 CMCリサーチメルマガ会員登録をされていない方で登録をご希望の方は、
申込みフォームの備考欄に「会員登録希望」とご記入ください。
セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
今回の受講料より会員価格を適用いたします。
 2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、
2人目は無料(1名価格で2名まで参加可能)、3人目以降はメルマガ価格の半額です。

セミナー趣旨

 振動・騒音は望まれない現象であり、多くの製品でその対策が講じられている。対策として用いられるのが、制振材料、防振材料、吸音材料、遮音材料である。各材料に望まれる物理特性は大きく異なるため、その材料設計や製品への適用においては、それぞれの現象をよく理解し、使用する必要がある。
 本講演では、これらの各材料の特性の理解に必要な、材料の力学物性、音の特性といった基礎的内容から、制振、防振、吸音、遮音材料の評価法、特性、材料設計の手法について解説する。

受講対象・レベル

 振動・騒音対策(制振、防振・吸音・遮音)材料に関する基礎を学びたい方。

習得できる知識

 ・高分子材料の力学的性質・音の基本的性質・振動・騒音対策材料の評価法、特性、材料設計手法

セミナープログラム

1. 振動、騒音対策の概要
 振動騒音対策(制振、防振、吸音、遮音)の種類と特徴

2. 高分子の力学的性質
 2.1 高分子の構造2.2 力学的性質の測定法
 2.3 高分子の粘弾性挙動

3. 制振材料の設計と評価
 3.1 分子構造の影響
 3.2 可塑剤の添加効果
 3.3 フィラーの添加効果
 3.4 ポリマーブレンド、共重合体の影響
 3.5 架橋(加硫)の影響
 3.6 拘束型・非拘束型制振鋼板と評価法

4. 防振材料
 4.1 振動絶縁材料の材料設計
 4.2 免震材料の材料設計

5. 音の特性
 5.1 音の基本的性質
 5.2 音波による現象
 5.3 空間での音響設計
 5.4 聴覚特性

6. 吸音材料
 6.1 吸音特性の評価法
 6.2 吸音材料の種類と特性
 6.3 波動理論に基づく吸音特性の解析
 6.4 各種吸音材料の吸音特性

7. 遮音材料
 7.1 遮音特性の評価法
 7.2 一重壁の遮音性能
 7.3 中空二重壁の遮音性能
 7.4 積層構造の遮音性能