初心者向けセミナーです 金属材料の基礎と不具合メカニズム、不具合の調査・分析法、その対策<Zoomによるオンラインセミナー>

金属材料における各種不具合の原因と対策を詳しく解説!

セミナー講師

福﨑技術士事務所 技術士(金属部門) 福﨑 昌宏 先生

2005年 電子機器向けの金属加工メーカーに入社。研究・生産技術部門で材料開発や引抜き加工技術開発に従事。高温における耐クリープ特性の向上や、安定した特性をもつ温度センサーの開発などを手がけた。
2013年 建設機械メーカーにて研究・生産技術部門で歯車などの機械部品の材料開発、材料分析評価に従事。結晶粒粗大化防止のピン止め材の分析や、ガス軟窒化材の表面特性向上などを手がけた。
2017年に技術士(金属部門)取得。
2019年に独立 福﨑技術士事務所開業

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料は、印刷物を郵送もしくはメール送付のどちらかを検討中です。
    お申込については4営業日前までのお申込みを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキストが郵送となった場合、資料の到着がセミナー後になる可能性がございます。
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

記ご確認の上、お申込み下さい

  • PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
    各ご利用ツール別の動作確認の上、お申し込み下さい。
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

Zoomを使用したオンラインセミナーとなります

  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
    確認はこちら
    ※Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
    ※一部のブラウザは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります。
     必ずテストサイトからチェック下さい。
     対応ブラウザーについて(公式) ;
     「コンピューターのオーディオに参加」に対応してないものは音声が聞こえません。

セミナー趣旨

金属材料は建築物、自動車、電子機器など私たちの身近で様々なところに使用されています。金属材料をその特性を生かして製品設計する場合、金属の基礎的な強化方法や材料組織を理解することが必要です。一方、もしこれら金属材料が破損した場合、人命にかかわる重大な事故が発生します。金属の破損・不具合として疲労破壊や腐食があります。疲労破壊は大きな変形を伴わず、ミクロレベルの小さな欠陥から大きな破損につながります。また腐食は金属の電気化学的反応によって薄肉化や割れなどの問題を引き起こします。そのため、金属材料を適切に扱う場合には、これら金属材料や各種不具合の知識が不可欠になります。
本セミナーでは金属材料の基礎知識から各不具合のメカニズムと原因および鉄鋼材料、非鉄材料の特長、金属材料の分析方法、調査方法などについて解説します。

セミナープログラム

  1. 金属材料の基礎講座
    1. 周期表と金属結合
    2. 結晶構造
    3. 転位論とすべり
    4. 金属の強化方法
    5. 凝固組織と金属偏析
    6. 金属加工方法
  2. 金属材料の各不具合のメカニズム
    1. 応力-ひずみ線図
    2. 疲労破壊
    3. 破面観察
    4. 腐食
    5. クリープ
  3. 実用金属材料と材料試験
    1. 鉄鋼材料の特長
    2. ステンレス鋼の特長
    3. アルミニウム合金の特長
    4. マグネシウム合金の特長
    5. 銅合金の特長
    6. 材料強度試験
  4. 材料分析と不具合調査
    1. 元素分析方法
    2. 光学顕微鏡観察
    3. 電子顕微鏡観察
    4. X線回折とブラッグの法則
    5. 不具合調査方法

<質疑応答>


講師のプロフィール

金属組織の分析屋 金属材料の疲労破壊や腐食など不具合を解決します。

福﨑 昌宏

専門家専門家B ふくさき まさひろ / 千葉県 / 福﨑技術士事務所

続きを読む