※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.379

商品の品質管理について

生産 品質マネジメント | 投稿日時:
初めてご質問させていただきます。
私は現在、食品製造工場で品質管理を任されている40代の係長です。
私の工場では主にお菓子を製造しているのですが、品質が安定せず、ロスが大量に出て製造原価が高くなっています。
かといって、品質基準に満たない商品を出荷することもできず大変困っています。
具体的に品質が安定しない原因は職人さんの技術力の違いであると考えています。工場には熟練した職人が2名と若手の職人が3名いるのですが、なかなか若手の職人が仕事を覚えることができず、職場の離職率も高いため、現在は熟練した職人さんに頼りっきりの状態です。
どうにか若手の職人を育て上げて商品の品質を安定させたいと考えているのですが、何か良い考えはありますでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。


ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

現場ですぐ使える品質改善技法の開発と普及活動を行っている高崎ものづくり技術研究所の濱田と申します。

「若手の職人を育て上げて商品の品質を安定させたい」と考えておられますが、どこの企業でも同じように教育に関してはご苦労されていると思います。

職人技の伝承は、どうしても暗黙知の部分がある為に、人から人へ伝えることが基本となります。とはいっても、今の若手社員に対して見て覚えろ方式ではうまくいきません。やはり、会社として教育に関わる時間枠を設けて、計画的に教育訓練を行うことが必要になってきます。

業務が忙しく教育する時間がない、という考え方を捨て、業務を効率化する手段として、教育の時間を取ることは必要であるということを全員に認識させます。(トップから会社の方針であることを明示します)

教育の内容は以下のものが考えられます。
 ①現場で実施するOJT
 ②教育訓練ツールによる座学

①のOJTですが、ベテランの職人が少しづつ時間を割いて教えることを義務付けます。間隔や1回の時間は負担が掛からないように設定します。
教える手順は、まずベテラン自らがやって見せて、若手社員に同じようにやってもらいます。ベテランはそれを見て、悪いところを直し、再度作業させます。
これを繰り返すことによって、ベテランと同じように作業ができるようになります。ベテランは、忙しい中で教えるのは抵抗がありますが、これは一つの業務として位置づけ、義務化する必要があります。

②の教育訓練ツールは、様々なものが考えられます。
しかし、作成には労力を要するため、極力写真、ビデオを活用します。また、出来栄えをできるだけ定量化すること(重さ、形状など)と、定量化できないものは、限度見本を作成するなどして品質のばらつきが生じないように判断基準を設けます。
教育訓練ツールを用いた教育(座学)は、ベテランあるいは先輩社員が受け持ちます。これも、業務の一部と考えます。

そして、一連の教育訓練コースを終了したら、作業認定者として表彰しましょう。目標を持たせ、努力することでやる気を起こさせ、離職者を少なくする効果も期待できると思います。




ANSWER
回答No2 | 投稿日時:

「強い現場づくり」をキャッフレーズとしている熊田技術士事務所の熊田成人です。

教育の必要性については浜田様が述べられていますので、手法的なところを追記させて頂きます。

「教えられる」教育も大切ですが「自ら気が付き、改善する」仕掛けも大切と考えます。若手の職人さんも一生懸命事仕事をしている事と思います。
何故か自分の仕事が上手くいかない・・と、悩んでいる事と思います。

そこで、以下提案です。

1. ベテランとの違いを動画に撮って明確にする。
 デジカメやスマホでも良いと思いますが、ベテランと若手の作業を
 動画に撮って皆で何が違うか、どうすれば良くなるかを議論する。
 ポイントは自分たちで気が付くことにあります。決して管理者や
 上長から「・・だから駄目なんだ!」と言ってはいけません。
 「そうか!良くそこに気が付いたな!」と、褒めることを中心にすると
 良いと思います。
 ベテランにも趣旨を説明し、ノウハウを開示(動画再生時にポイントを
 コメント)頂けると有り難いですね。

 (その結果を、作業手順書などに盛り込んでいくと、財産になると思い
 ます。)

2. 成果をグラフ化して分かりやすくする。
 個人別の生産数や歩留をグラフに纏め、本人の努力で結果が出ると
 大いに(皆の前で)褒めると良いと思います。
 個人別の名前が出ることを嫌う人もいますので、工夫してください。
 (個人名でやる!か、A,B,Cにするか・・?)
 月単位でのベスト賞と共に改善賞などはどうでしょう?
 幾つになっても褒められると嬉しいものですよね。

お役に立ったでしょうか?成果が出ることを祈っています。

熊田