「APQP」とは

APQP(Advanced Product Quality Planning)とは、自動車の品質マネジメントシステムTS16949の先行製品実現計画部分に対応し、運営管理の要領を規定しています。 製品実現のステップは①計画、②製品設計、③工程設計、④製品、工程の妥当性確認、⑤量産の5段階に分けられて、それぞれの段階での実施項目と入力、出力事項が定められており、プロジェクトのリスク低減が図られます。 実行する際には、コントロールプランの作成が必須であり、このプランを中心に管理が進められてゆきます。

◆関連解説記事『設計品質作り込み:設計のしくみとは』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介

「品質マネジメント」工場監査・工程監査を解説した記事

「品質マネジメント」APQPを解説した記事

「品質マネジメント」シックスシグマを解説した記事

「品質マネジメント」経営品質を解説した記事

「品質マネジメント」特殊工程の4M変動への対応方法を解説した記事

「品質マネジメント」についてのセミナー一覧


「APQP」のキーワード解説記事

もっと見る
APQP:製品品質計画とは

◆APQP and CP(Advanced Product Quality Plan and Control Plan)     ...

◆APQP and CP(Advanced Product Quality Plan and Control Plan)     ...


APQP(先行製品品質計画)の背景と本質とは?~本質や背景~

     IATF 16949 は、ISO 9001に自動車用システムや部品の製造に必要となる業界固有の要求事項を追加した自動車産業のセクタ...

     IATF 16949 は、ISO 9001に自動車用システムや部品の製造に必要となる業界固有の要求事項を追加した自動車産業のセクタ...