ホーム > 技法解説 > 新QC7つ道具 > アローダイヤグラム法(PERT)

アローダイヤグラム法(PERT) とは

アローダイヤグラム法(PERT)とは、プロジェクトの計画に際して、作業と作業を矢印(アロー)で結び、そこに所要時間を配置することで、最短時間やCP(クリティカルパス)を見つける方法です。 タスクをバー状に表現するスケジュール管理のガントチャートに似ていますが、この場合タスク数が増えてしかも相互の関係性が複雑になると管理が難しくなるため、PERTの価値が出てきます。 さらに大がかりで複雑になってくると、PERTでも手作業での管理、特に変更修正が難しくなります。 そんな時はMicrosoft Projectなど、PERTの原理を使ったスケジュール管理ソフトを使った方が効率的でしょう。


アローダイヤグラム法(PERT)の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

アローダイヤグラム法(PERT)の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


アローダイヤグラム法(PERT)の専門家

氏名 会社名
石橋 良造 株式会社 RDPi 組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善するこ…
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…

アローダイヤグラム法(PERT)で解決できる課題

7件中 17件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 開発の進捗管理をしっかりしたい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら