ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > ゴードン法

ゴードン法 とは

ゴードン法とはアメリカの製品開発専門家ウィリアム・ゴードンが開発したアイデア発想の技法です。 グループのリーダーは対象となるモノではなく機能を提示し、5~10人のメンバーが多角的に発想したのちに真のテーマを提示して最終的にアイデアを集約します。 本当の課題をメンバーには明かさずに、参加メンバーが自由に発想するために、抜本的なアイデアが出やすくなります。


ゴードン法の解説記事一覧

ゴードン法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


ゴードン法の専門家

氏名 会社名
髙橋 誠 株式会社創造開発研究所 企業のイノベーション戦略の構築と実践をお手伝いし…

ゴードン法で解決できる課題

6件中 16件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 魅力品質の高い製品を企画したい
3 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
2 生産 生産原価を低減したい
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら