「ゴードン法」とは

ゴードン法とはアメリカの製品開発専門家ウィリアム・ゴードンが開発したアイデア発想の技法です。 グループのリーダーは対象となるモノではなく機能を提示し、5~10人のメンバーが多角的に発想したのちに真のテーマを提示して最終的にアイデアを集約します。 本当の課題をメンバーには明かさずに、参加メンバーが自由に発想するために、抜本的なアイデアが出やすくなります。


「ゴードン法」のキーワード解説記事

もっと見る
革新的なアイデア発想法ゴードン法とは

1. ゴードン法の概要  ゴードン法は、アメリカの製品開発専門家ウィリアム・ゴードンが開発した技法です。  ゴードン法では、本当の課題(テーマ)はリーダー…

1. ゴードン法の概要  ゴードン法は、アメリカの製品開発専門家ウィリアム・ゴードンが開発した技法です。  ゴードン法では、本当の課題(テーマ)はリーダー…