「多変量解析」とは

多変量解析とは、その名前が示す通り多くの変数からなるデータを統計的に解析する手法の総称です。重回帰分析、主成分分析、因子分析、判別分析、数量化理論 (I類、II類、III類、IV類)、クラスター分析などがあります。多変量の解析は計算負荷が高く、従来手計算では非常に困難でしたが、コンピュータの高速化、支援ソフトウェアの普及によって、広く使われるようになってきました。 工業的な利用に留まらず、昨今ではアンケート分析の分野でも手軽に使われています。 個別の手法に関しては、それぞれのページを参考にしてください。


「多変量解析」のキーワード解説記事

もっと見る
多変量解析概要(その1)

    ◆ 多変量データとは? 1.様々なデータの関連性を調べ客観的、定量的に評価  現在、私たちの身の回りには製造業では...

    ◆ 多変量データとは? 1.様々なデータの関連性を調べ客観的、定量的に評価  現在、私たちの身の回りには製造業では...


多変量解析概要(その2)

◆多変量解析とその種類 1.多変量解析とは  多変量データ(複数の変量)を解析する、つまり多変量解析ということになります。何を解析するのかといえば...

◆多変量解析とその種類 1.多変量解析とは  多変量データ(複数の変量)を解析する、つまり多変量解析ということになります。何を解析するのかといえば...