ホーム > 技法解説 > 新QC7つ道具 > 連関図法

連関図法 とは

連関図法は、複雑な事象に関して「原因→結果」という矢印を付してゆく事で全体を整理する方法です。 事象が複雑に絡み合った近年の問題では、多くの要因を検討する必要がありますが、たまたま目についた項目から手をつけてしまうことがよくあるものです。 全ての項目、要因を原因→結果の関係で整理する事で、真の原因に手を打ち、効果的に対処することが可能になるほか、作成する過程で気づかなかった要因を発見する契機ともなります。


連関図法の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

連関図法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


連関図法の専門家

氏名 会社名
村上 英樹 ビジネスアシストshoei 金型・部品加工業専門コンサルティングです!販路開…

連関図法で解決できる課題

14件中 114件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
1 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 採取済みのデータから有意な要因を判別したい
1 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 設計・開発 効果的な特許を創出したい
1 生産 突発品質不良を早く解決したい
1 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 生産 生産スループット、生産量を上げたい
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 環境に配慮した生産を実現したい
1 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら