「連関図法」とは

連関図法は、複雑な事象に関して「原因→結果」という矢印を付してゆく事で全体を整理する方法です。 事象が複雑に絡み合った近年の問題では、多くの要因を検討する必要がありますが、たまたま目についた項目から手をつけてしまうことがよくあるものです。 全ての項目、要因を原因→結果の関係で整理する事で、真の原因に手を打ち、効果的に対処することが可能になるほか、作成する過程で気づかなかった要因を発見する契機ともなります。


「連関図法」のキーワード解説記事

もっと見る
第3章 連関図法の使い方(その1)

前回の挑戦管理とN7の選択(その3)に続いて解説します。   【目次】 序論   ←掲載済 第1章  混沌解明とN7…

前回の挑戦管理とN7の選択(その3)に続いて解説します。   【目次】 序論   ←掲載済 第1章  混沌解明とN7…

「連関図法」の活用事例

もっと見る
改善活動での課題の洗い出し方とは

 私は、現場の方々との会議の際のメモや、新規のお客様からのヒアリングには、連関図というものを使っています。これは、新QC七つ道具の一つで、主にブレーンスト…

 私は、現場の方々との会議の際のメモや、新規のお客様からのヒアリングには、連関図というものを使っています。これは、新QC七つ道具の一つで、主にブレーンスト…