<新たな規制と課題への対応>フタル酸エステル類の規制動向と実務対応~移行性・代替物質の検討・実務対応等~

RoHS指令の使用規制に伴い生じた問題等をふまえ、
フタル酸エステル類規制の最新情報を提供します!

セミナー講師

(一社)東京環境経営研究所 理事長  松浦 徹也 先生
可塑剤工業会 技術部長 工学博士  柳瀬 広美 先生
日本電子(株) 科学・計測機器営業本部 SI販売促進室
MSグループ シニアスペシャリスト  田村 淳 先生

セミナー受講料

1名38,000円 + 税、(資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき28,000円 + 税
 ※消費税につきましては講習会開催日の税率にて課税致します。
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

 フタル酸エステル類は、可塑剤としての用途の他、数々のプラスチック製品に使用されています。
しかし、フタル酸エステル類はヒトへの有害性の懸念から、国内外において含有制限等の様々な
規制を受けています。
 このような状況の中、2019年7月から、EUで流通する電気電子製品でフタル酸エステル4物質の
使用がRoHS指令で規制されています。
 フタル酸エステル類は、非意図的な汚染や誤検出が起こりやすい成分のため、より精度の高い
分析・評価が必要となります。また、フタル酸エステル類の代替物質への移行に伴い、
製造・輸送時等に様々な問題が生じる可能性があります。
 本セミナーでは、国内外のフタル酸エステル類に関する規制動向を中心に、新たな規制に
伴い生じる様々な課題とその対応法・考え方について講義します。

受講対象・レベル

 ・フタル酸エステル類を使用している材料メーカー・部品メーカー担当者
 ・その他、製品に含有される化学物質への対応の考え方を知りたい方など

習得できる知識

 ・改正RoHS指令及びその他各国におけるフタル酸エステル類の規制動向
 ・フタル酸エステル類の分析方法
 ・フタル酸エステル類の移行問題への対応法等

セミナープログラム

1.フタル酸エステル類の基礎知識(柳瀬先生)
 ・フタル酸エステル類とは(原料、化学構造)
 ・フタル酸エステル類の特性(物理化学的性質)
 ・フタル酸エステル類の安全性(健康影響、種差)
 ・可塑剤とは
 ・フタル酸エステル類の用途・使用状況(世界、地域の市場、用途)
 ・フタル酸エステル類の代替物質
 ・フタル酸エステル類の移行性

2.フタル酸エステル類の分析方法(田村先生)
 ・ガスクロマトグラフ-質量分析法(Gas Chromatography ? Mass Spectrometry; GC-MS)の基礎
 ・IEC 62321-8で推奨されている分析法について
  ~精密分析:溶媒抽出GC-MS法
  ~スクリーニング:Py(pyrolyzer)/TD(thermal desorption)-GC-MS法
 ・IEC 62321に含まれない新しい分析法
 ・今後のIEC 62321の動向

3. フタル酸エステル類の規制動向(松浦先生)
 (1) リスクの考え方
 (2) EUの規制動向
   ・摘発状況
   ・REACH規則の規制
   ・RoHS指令の規制
 (3) 米国の規制動向
   ・CPSCの規制
   ・Prop65の規制
 (4) 欧米以外のフタル酸エステル類の規制
   ・中国 玩具規制
   ・韓国 子供製品安全特別法等 等
 (5) 簡易測定
   ・FT-IR/Raman分光による移行測定

4. CAS(Compliance Assurance System)の考え方と遵法対応(松浦先生)
 ・NIAS(Non-Intentionally Added Substance)対応とGMP
 ・法的要求事項の自社システム(ISO9001など)への統合の考え方
 ・CASと技術文書のひな型

5.Q&A