食品系技術者の特許出願/調査/戦略早わかり

食品メーカーの技術者・研究開発者として知っておきたい特許知識の概要を一日で習得できる!


講座概要



 日本の知財業界は、電機業界が長年にわたりメジャーなプレーヤーとして、出願数を中心にけん引してきました。一方、食品業界は電機業界に比べると、出願数も少なく、業界全体として知財分野に割く労力も小さかったといわれています。ところが近年、大手化学メーカーの食品分野参入、成分分析技術の向上、機能性食品の用途発明解禁などによって状況は一変し、食品業界における知的財産権をめぐる争いが顕在化してきました。しかし、世の中の特許教育は電機業界対象のものが多く、このような食品業界の特徴に合わせた知識を得ることが難しいのが現状です。


 本講座では、知財に関わる初中級の方々を対象として、食品業界に的を絞って、知財の仕組みや実務における考え方のポイントを伝授するものです。①実務上必要な特許の基礎知識、②実務に必要な基礎情報を得るための特許調査と特許情報活用の知識、③特許(知財)やその情報を研究開発や事業開発・運営に生かすための知識、の大きく三つの柱を解説します。


 講師は食品メーカーで生産技術の現場を経験した後、研究開発部門の特許担当者を経て、知的財産部門で専門的な実務を積んでおり、その経験から開発現場に必要な特許実務を熟考し構成しています。折に触れて食品業界ならではの着眼点で解説を行います。


 本講座がはじめての特許実務への「道しるべ」として今後の実務で本当に役に立つよう、さらに必要に応じて知識を深めることができるよう、さまざまなコツをお伝えします。 



講師


中谷明浩 講師


プログラム



1.はじめに
 本セミナーの目的、食品特許を取り巻く環境、食品と特許
 今後の食品系研究者・技術者と特許のありかた、使用する用語の説明
2.特許の基礎知識
 知的財産権の中の特許、特許の目的、発明とは、
 特許権の及ぶ範囲、特許の効果と影響、出願から権利化まで、
 特許として認められるための要件、特許明細書作成のための
 ポイント、特許に係る費用
3.特許調査
 特許調査の目的、特許調査の重要性、特許調査に必要な知識、
 特許調査の種類、特許調査に用いるツール、
 データベース:J-PlatPatの使い方と特許調査・Espacenetの活用・海外特許庁データベースの紹 介、非特許文献調査に用いるツール


4.特許情報の活用
 特許情報とは、特許情報で何が分かるのか、
 特許情報で何ができるのか、特許情報を分析する上でのポイント
 特許マップの活用例
5.発明発掘のポイント
 研究開発者・技術者の考え方の特徴、特許(知財)部員の考え方、
 発明発掘活動、特許化へのポイント
6.ノウハウ保護
 ノウハウとは、ノウハウ保護の重要性、ノウハウ保護か特許出願か、ノウハウ保護の具体的方法
7.第三者出願・特許への対応ポイント
 該当と疑われる第三者出願・特許を発見したら、該当性の評価、
 第三者「出願」に該当の疑いがある場合、第三者「特許」に該当の疑いがある場合、第三者特許対応フロー
8.特許(知財)戦略
 特許(知財)戦略とは、三位一体の知財戦略、
 IPランドスケープとは、特許情報分析(特許マップ)と戦略、
 特許(知財)戦略の実務的方法
9.最後に
 主な受講対象者
 食品関係業界の研究開発・技術者の方で、特許の調査や出願の経験が少ない方
 食品関係業界の特許担当者、新任知財部員、事業企画担当者で、特許実務経験が初級~中級程度の方



講師のプロフィール

中谷 明浩

「食品技術のリエゾンマン」をモットーに、食用油脂、特に使用方法のお悩み、食品工場の技術課題を解決へとお導き致します。研究開発、ビジネス、戦略立案に役立つ特許情報のご提供とアドバイスを致します。

中谷 明浩

専門家専門家A なかたに あきひろ / 北海道 / 中谷技術士事務所

食品の加工やおいしさ付与に必須な食用油脂。適切に使用することで品質の改善、コストダウンや売上げアップに結び付けることが期待できます。その使用方法の改善をご支援いたします。そして、食品工場共通の技術課題である技術的トラブルの恒久的対策、...続きを読む